「嵐の夜、会社に閉じ込められた女上司と二人きり 蓮実クレア」の感想・レビュー

嵐の夜、会社に閉じ込められた女上司と二人きり 蓮実クレア

「嵐の夜、会社に閉じ込められた女上司と二人きり 蓮実クレア」はセクシー女優・蓮実クレアさんが女上司を演じ、部下の男性をおもちゃにしてエッチなことを楽しむという設定のAV作品です。本作品は以下のような人におすすめします。

  • セクシー女優・蓮実クレアが好き
  • 女上司と部下という設定に興奮する
  • 痴女から足やおまんこを舐めさせられるのが好き

蓮実クレアさんの痴女っぷりは言うまでもありませんが、そのレベルが結構振り切れている作品だったと思います。蒸れた足を舐めさせるとか、頻繁にクンニを強要するとかは序の口で、おしっことか飲ませてたのにはびっくりしました。

痴女好きの人からするとおすすめしたい展開も少なくないんですが、その一方でカメラワークがめちゃくちゃ独特なんですよね。手コキで蓮実クレアさんの顔しか映さないとか尖りすぎじゃないですか?ぶっちゃけ本当に手コキしてるかどうか怪しくなってくるレベルです。こういう部分が許せるかどうかで本作に対する評価は大きく変わると思います。

以下では本作品の感想・レビューをエロイズム的な観点から紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

「嵐の夜、会社に閉じ込められた女上司と二人きり 蓮実クレア」の概要

嵐の夜、会社に閉じ込められた女上司と二人きり 蓮実クレア
配信サイトFANZA
配信日2020/11/27
収録時間120分
メーカーグローバルメディアエンタテインメント
レーベルSuper Global Media
監督赤羽菊次郎
シリーズ女上司と二人きり(グローバルメディアエンタテインメント)
ジャンル独占配信、ハイビジョン、騎乗位、お姉さん、フェラ、単体作品、デジモ、中出し
女優蓮実クレア

美人で仕事ができるが、厳しい指導で部下に恐れられているクレア。ある日、部下のうっかりミスをカバーするべく、部下とクレアの二人で遅くまで残業していた。仕事がひと段落し、二人で会社を出ようとエレベーターに乗った途端止まってしまう。復旧まで20分ほどかかるそう。エレベーター内は暑くて、ガマンできなくなり、ジャケットを脱ぐ。さらにシャツのボタンを開いて、ブラがチラチラ見える。思わず股間を大きくしてしまった部下。それに気づいた欲求不満のクレアは、部下の股間をいたずらし誘惑していく…

嵐の夜、会社に閉じ込められた女上司と二人きり 蓮実クレア

「嵐の夜、会社に閉じ込められた女上司と二人きり 蓮実クレア」のシーン別の感想・レビュー

Scene1:胸チラ・パンチラ・手コキ

嵐の夜、会社に閉じ込められた女上司と二人きり 蓮実クレア

仕事に厳しい女上司の蓮実クレアさんが、仕事ができない可愛い系の男子社員(部下)に対してエッチな誘惑をするというか、おもちゃにして楽しむ前段階みたいな感じのシーンです。部下にパソコン作業をさせている時にぴったりマークしてそれを見張り、シャツのボタンをひとつ多く開けた状態で胸を見せつけたりして誘惑していくという感じ。

帰ろうとするタイミングで2人が乗っているエレベーターがアクシデントで停止してしまい、そこでもブラチラやパンチラのオンパレード。最終的には下着の色当てクイズなるものが始まり、それに正解したご褒美として手コキへ。蓮実クレアさんの痴女系女上司としての演技に見張るものがあるのは認めるし、胸の谷間が見えるシーンはちょっとドキっとするんですが、いかんせんパンチが弱いシーンですね。

なんせ手コキのシーンなのに実際に手コキしているところは映してくれないので、下手するとやってるフリかも。蓮実クレアが寸止めして楽しむ様子を顔のアップで誤魔化し通しています。ちょっと不自然なほど顔のアップが続くのでおかしいと思っていたら、最後は精子まみれになった手を部下に舐めて綺麗にさせるシーンがありました。男優さんから本物の精子を舐めるNGが出たのかなぁ。

Scene2:手コキ&放尿プレイ

嵐の夜、会社に閉じ込められた女上司と二人きり 蓮実クレア

資料整理を手伝うように言われて別室に呼び出され、部下の男性は期待半分・不安半分と言ったところでしょうか。他の社員が同じ部屋にいる状態で手コキをして、我慢出来たらご褒美をあげるという展開です。ここでも実際に手コキをしてくれるところは見せてくれず、蓮実クレアさんの顔しか映してくれません。

嵐の夜、会社に閉じ込められた女上司と二人きり 蓮実クレア

「確かに男優さんのおちんちんが見たいわけじゃないし、手コキなら別におちんちんを映さないのもアリかな?」なんて思ってた矢先、急に蓮実クレアさんが「私の便器になってくれる?」と言い放ち、部下に顔面騎乗して思いっきり放尿するっていうね。この後はクンニで掃除するように言われておまんこを舐めまわすも、ここも顔中心のアングルで下半身はあまり見せてくれませんでした。

というかおしっこの量もかなり少ないし、本物かどうかも謎です。というか「おしっこ飲まされることを承諾する男優さんが、自分の精子を舐めるのを嫌がるかなぁ」みたいな疑問に始まり、むしろ蓮実クレアさんのおしっこなら飲みたいまであるかと思ったり…とりあえずカメラワークは超独特な作品と言っていいでしょう。

Scene3:2人きりのオフィスでSEX

嵐の夜、会社に閉じ込められた女上司と二人きり 蓮実クレア

嵐の夜になんとかオフィスに帰ってきて、誰もいないオフィスでSEXを始めるシーンです。濡れている服を脱いでおっぱいを見せてくれたり、パンツを脱いでクンニをさせたり…。相変わらずやってることはエロいんですが、それを直接的には見せてくれないカメラワークが気になります。

そもそもクンニのシーンは男優さんの頭が邪魔で、普通に撮っても一番見たい部分が見えないじゃないですか?だから別に男優さんの後頭部を映せと言うつもりはないんですけど、それにしてもって感じのカメラワークなんですよね。フェラのシーンでは普通に舐めているところを主観と俯瞰で見せてくれます。ただ、モザイクが濃いので舌使いなんかの細かい部分は見えません。

フェラのシーンはどうせアップになってもモザイクが邪魔で大して見えないんだから、せめておっぱいから上を映すとかしてくれればいいのに、ここでも顔のアップが多めです。とりあえず1発目はフェラで口内発射したというテイで、間髪入れずに二回戦へ。ここではテーブル屈曲立位→立ちバックという流れで推移し、最後はお尻に発射してフィニッシュ。

Scene4:ダイジェストシーン

嵐の夜、会社に閉じ込められた女上司と二人きり 蓮実クレア

部下が蓮実クレアさんのおもちゃにされているというダイジェストシーンです。オフィスで仕事中に隠れてベロチューを楽しんだり、強制的にクン二をさせたり、時にはSEXを許すことも。それぞれのシーンはサクッと終わってしまうため、抜きどころにはならないと思います。

Scene5:オナニー&足コキ

嵐の夜、会社に閉じ込められた女上司と二人きり 蓮実クレア

2人きりのオフィスにて蓮実クレアさんがオナニーを見せつけ、それと同時に部下を足コキする場面です。ここでは蓮実クレアさんの股間がフォーカスされていて、そこばかりを映しているという感じ。部下のズボンがギリ見えるかどうかの感じで、ずっと同じカメラ映像が続くような印象を受けました。

確かに見たい部分は見えるものの上下のカメラワークがなくて一定なので、おまんこは手で隠れちゃってるし、全体的に見ると確かにエロいんだけど雰囲気を落とし込むことが重要ですね。途中、社員が忘れ物を取りに来たりしてヒヤッとしますが、いなくなった後はクンニをさせて、辛抱できなくなった部下を家に持ち帰る展開へ。

Scene6:お持ち帰りして中出しSEX

嵐の夜、会社に閉じ込められた女上司と二人きり 蓮実クレア

家に着くやいなやベッドに押し倒され、そのままエッチな展開がスタート。乳首責めやベロチューというソフトな展開から部下を四つん這いにして、蓮実クレアさんの独壇場で徹底的に責めていくという流れです。部下が早い段階で全裸になるのに対し、蓮実クレアさんは下着状態が結構長く、この辺りにも痴女っぷりが感じられました。

ちょっと気になったのは蓮実クレアさんの言葉責めのボリュームと部下の喘ぎ声のボリュームが合っておらず、蓮実クレアさんの声が一番心地良く聞こえる音量にすると喘ぎ声がめちゃくちゃ気になります。痴女に声を張れっていうのも違うと思うんで、もうちょっと部下役の男優さんが喘ぎ声を抑えてくれると良かったのかなぁと。

嵐の夜、会社に閉じ込められた女上司と二人きり 蓮実クレア

蓮実クレアさんが下着姿の状態で足を放り出し、足を舐めさせるシーンが意外と良かったっていうね。スタイルが素晴らしい女優さんなので、下着姿でも普通に興奮できます。ただ、足コキのシーンなんかだと足がギリギリ見切れるような場面を映す感じになっているので、ちょっと違和感を感じずにはいられません。

あとエロイズム的に気に入ってるのは、騎乗位で挿入を始める直前のシーンです。ギリおまんこの入り口で入るか入らないかっていう場所での焦らしが最高に良き。舌なめずりしながら腰を振る蓮実クレアさんもエロいんだけど、ここも上半身メインのカメラワークでがっかりしました。もしかするとどのみちモザイクが濃いからってことで、わざと局部が見切れるくらいの位置で撮影しようとしてる可能性すらある。

嵐の夜、会社に閉じ込められた女上司と二人きり 蓮実クレア

最後の方なんか蓮実クレアさんが正常位をしているかのような体勢になったりもして、激しい杭打ちが続いたという印象です。最後は本物の正常位から中出しを決め、間髪入れずに二回戦へと進み、2発目は正常位からおっぱいに発射してお掃除フェラでフィニッシュ。

「嵐の夜、会社に閉じ込められた女上司と二人きり 蓮実クレア」のトータル評価

男優さんがMというよりは蓮実クレアさんの痴女要素が強く、終始男性の喘ぎ声が気になる系のAVでした。寸止め演出なんかもあるんで、さすがに男優さんが無言ってわけにはいかないでしょうし、この辺は好き嫌いがハッキリ分かれると思います。

あと再三にわたって書いてきましたが、カメラワークがかなり独特です。いたずらに映像を切り替えたりしないので集中して見ることができる反面、手コキやクンニでほとんど顔しか映さないってのは賛否が分かれるでしょう。騎乗位でも男優さんをなるべく映さないようにしているのか、挿入部が画面の一番下にギリギリ入るように撮っている印象を受けました。男優さんのお腹くらい普通に映ってもいいから、しっかりとおまんこにおちんちんが入ってるところが見たかったんですけどね。

蓮実クレアさんの表情や痴女の演技は見応えがありますが、そのレベルから考えるとSEXシーンは物足りなかったような気がします。部下を寝かせておしっこを飲ませるシーンとか好きですけどね、それ以外であまり記憶に残る場面がなかったです。

  • URLをコピーしました!
目次