『【VR】「ディープキスして…」 トロける激情接吻Sex VR 梓ヒカリ』の感想・レビュー

【VR】「ディープキスして…」 トロける激情接吻Sex VR 梓ヒカリ

『【VR】「ディープキスして…」 トロける激情接吻Sex VR 梓ヒカリ』はセクシー女優・梓ヒカリさんのディープキスに特化したアダルトVR作品です。本作品は以下のような人におすすめします。

  • セクシー女優:梓ヒカリが好き
  • 梓ヒカリさんとのディープキスを堪能したい
  • イチャラブ感のないキス特化VRAVに興味がある

梓ヒカリさんにとっては2作目のVRAVで、ディープキスに特化した作風です。普通、キスが多めの作品ってイチャラブがデフォルトみたいな部分があるじゃないですか?本作はイチャラブ感がほとんどなく、低血圧っぽい梓ヒカリさんが淡々とディープキスをしてくるという…これが逆にエロいっていうね。

内容的には一方的に責められる感じになっているんですが、エロイズム的には「梓ヒカリさんに責めさせている」みたいに感じられて、ベロキス特化の作品としてはかなり新鮮味が感じられました。もちろんおっぱいを楽しませてくれるシーンもあり、大迫力の美巨乳を堪能したい人にもおすすめです。

残念ながら良くないと感じてしまうポイントもいくつかあったので、以下で詳しく説明していきます。以下では本作品の感想・レビューをエロイズム的な観点から紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

『【VR】「ディープキスして…」 トロける激情接吻Sex VR 梓ヒカリ』の概要

【VR】「ディープキスして…」 トロける激情接吻Sex VR 梓ヒカリ
配信サイトFANZA
配信日2021/02/11
収録時間75分
メーカーアイデアポケット
レーベルIP-VR
コンテンツタイプ3D
監督ZAMPA
シリーズアイポケ VR
ジャンルハイクオリティVR、単体作品、VR専用、独占配信、巨乳、キス・接吻、美少女、主観
女優梓ヒカリ

天井特化のリアリティーアングル!ヨダレ・ツバだくだく!興奮度MAXキスプレイをVR体感!!妖艶なキスでエロチックに誘う…艶美なクチビル…「トロけるほど舌を絡ませて…」唾液・キス・欲情SexをVRで体感!!キスは最高の興奮剤!!濃厚キスでフル勃起!最高のアングル!キスで導火線(性欲)に火が付き…猛烈ピストン!「こんなに勃起しちゃって!」「もっと舌絡めてキスしよ。」

【VR】「ディープキスして…」 トロける激情接吻Sex VR 梓ヒカリ

『【VR】「ディープキスして…」 トロける激情接吻Sex VR 梓ヒカリ』のシーン別の感想・レビュー

Scene1:ディープキスしまくりの手コキ抜き(27:11)

タイムラインはこちらをタップ
  • 00:00~:ショートムービー
  • 01:00~:座ってる状態から前座位スタイルに変更、耳責め、キス、顔舐め、(10:06&10:26:唾飲ませ)
  • 12:00~:膝の間にひざまずく、乳首舐め、パンツの上からのフェラチオ、(13:35:おちんちんオープン)
  • 14:05~:フェラチオ、手コキ、乳首舐め、キス
  • 17:40~:フェラチオ(本気?)、キス、手コキ、乳首舐め
  • 22:00~:前座位スタイルに変更、手コキ、キス、舌出し&よだれ垂らし、(25:15:手コキ発射、お掃除フェラ)
【VR】「ディープキスして…」 トロける激情接吻Sex VR 梓ヒカリ

梓ヒカリさんにとっては『【VR】「好きだよ」 アナタを大好きツンデレ彼女 愛情たっぷりエッチ 綺麗なFカップ美巨乳娘 初VR 梓ヒカリ』に次いでVRAVとしては2作目です。本作も低血圧っぽい感じは健在で、相変わらず熱量が低い!

ただ、本作にはドラマ要素がないので、熱量が低くて淡々としているのが逆にエロいっていうね。とにかく最初から最後までキスをひたすら繰り返し、中盤からフェラチオや乳首責めなんかが展開されるという感じ。

【VR】「ディープキスして…」 トロける激情接吻Sex VR 梓ヒカリ

こちらからのアプローチは一切なく、ひたすら痴女責めされるという点ではMっ気のある男性におすすめかと思いきや、逆に「大人しい女の子に延々とご奉仕させる」みたいな征服欲も刺激されるため、幅広いニーズに応えてくれるのではないかと。

中盤も終盤もキス、フェラチオ、手コキ、乳首責めがメインになりますが、中盤のフェラチオはファーストコンタクト的な感じで、終盤のは「本気出しちゃおっかなー」みたいなやつになっています。本気とは言っても熱量は低く、ちょっと尺が長かったかなーってくらいでした。

【VR】「ディープキスして…」 トロける激情接吻Sex VR 梓ヒカリ

衣装がわざとらしくなく、おっぱいの露出もリアルなレベルに留まっているのが嬉しいような悲しいような…。最後は手コキで発射→お掃除フェラでフィニッシュ。

序盤は耳元でささやく展開が多く、せっかくの可愛い顔が画面外に出てしまうパターンが多いです。

Scene2:ベロキス三昧の前戯~本番開始(30:00)

タイムラインはこちらをタップ
  • 00:00~:寝た状態で開始、耳責め、キス、(02:19&02:32&04:24:唾飲ませ)
  • 04:50~:首舐め、乳首舐め、指を使った間接キス、ベロキス、パンツの上からおちんちんタッチ
  • 07:20~:パイ揉み、(07:45:おっぱいオープン)、指舐め、パイ舐め
  • 11:15~:乳首舐め、素股、おちんちんへのおっぱい押し当て、ベロキス、(13:25:パンツを脱がされる)
  • 14:15~:フェラチオ
  • 15:40~:ちんぐり返し、フェラチオ、(17:25:梓ヒカリさんのパンツを脱がす)
  • 17:45~:クンニ、素股、(20:27:唾飲ませ)、パイ揉み
  • 21:50~:騎乗位、(27:19:唾飲ませ)
【VR】「ディープキスして…」 トロける激情接吻Sex VR 梓ヒカリ

ここは騎乗位スタイルで展開されます。まずは梓ヒカリさんが上から覆い被さってきて、キスを始めとする舐め技を披露。この展開自体はScene1と大差ないんですが、衣装が下着姿でおっぱいの迫力がすごいです。思わずがっしり掴みたくなるほどの美巨乳が素晴らしい!

そして下着を取ってくれる展開も割と早く、おっぱいを堪能する時間が割と長尺で用意されています。ひたすら揉みしだき、乳首を舐めたり、ぱふぱふも楽しんでたような感じかな?

【VR】「ディープキスして…」 トロける激情接吻Sex VR 梓ヒカリ

エロイズム的におっぱいが近くなりすぎるシーンはイマイチでしたが、梓ヒカリさんの美巨乳に顔を埋めている感が味わえるでしょう。

攻守交代後は「ぜひともパイズリを!」と願ってやまなかったんですが、手を添えて挟むオーソドックスなやつではなく、上から覆い被さっている際に重力のみで押し付けるようなやつでした。

【VR】「ディープキスして…」 トロける激情接吻Sex VR 梓ヒカリ

梓ヒカリさんからの責めは乳首舐め、素股、おちんちんへのおっぱい押し当て、フェラチオなど。ちんぐり返しがあるならパイズリにも期待しちゃうよなぁ…これにはガッカリ。

ちんぐり返し中は主観では内容が分かりにくいこともあり、印象としてはフェラチオだけのように見えました。玉舐めがもしかするとちょっとあったかなぁという程度で、アナル舐めは恐らくやってないような気がします。

【VR】「ディープキスして…」 トロける激情接吻Sex VR 梓ヒカリ

クンニの際はノーパン開脚状態で、梓ヒカリさんが迫ってきてくれる様子が〇。好みの問題になるとは思うんですが、陰毛にちょっとクセがあって「完全に剃ってから2週間後」みたいな感じで、今まさに生え揃ってきてるくらいの状態なんですよね。

いわばチクチクしそうな状態で範囲も広く、この辺はエロイズム的には好みじゃなかったです。気にならない人なら股間と表情が一望できるので、存分に楽しめると思います。

ただ、クンニ中も相変わらず低血圧っぽくて全然感じてなさそうなリアクションなのに、最後には感情の込もってない「気持ち良かった」という一言がありました。これは逆に興奮する人が出てくるくらいのやーつ。

【VR】「ディープキスして…」 トロける激情接吻Sex VR 梓ヒカリ

本番シーンの直前には素股での焦らし、再度の豪快なパイ揉みなんかがあって、そのまま騎乗位からの挿入へ。騎乗位中は顔が近くなる場面の迫力があって〇。

ちょっと気になったのは、耳元で喘ぎ声を聞かせるような密着時間がトータルで1分弱くらいですかね。髪の毛と肩しか見えない時間帯があります。たかが1分程度ですが、顔もおっぱいも見えず、ここばかりはちょっと持て余すと思いました。

ここでは発射シーンはなく、最後に梓ヒカリさんがイッたようなリアクションがあって次のシーンへ。

Scene3:本番行為を堪能した後のフェラ抜き

タイムラインはこちらをタップ
  • 00:00~:正常位
  • 05:25~:表情特化の正常位
  • 08:30~:対面座位
  • 15:15~:フェラチオ(15:30:フェラチオから口内発射)
【VR】「ディープキスして…」 トロける激情接吻Sex VR 梓ヒカリ

ここからは本番のみです。まずは正常位からスタート。

思いっきり真下を見れば結合部がギリギリ見えるかなってくらいのアングルなんですが、首がめちゃくちゃしんどい上に大して結合部は見えないので、表情やおっぱいの揺れをメインに楽しむことになるかと。おっぱいの揺れは迫力がすごかったです。

【VR】「ディープキスして…」 トロける激情接吻Sex VR 梓ヒカリ

続いて表情特化の正常位になります。こっちは上記画像よりももっとアップになっていて、正常位で表情を近くに楽しみたいって人にはいいでしょうが、おっぱいを見るのもしんどいくらいのアングルでした。

おっぱいの揺れも堪能しづらくなっているので、エロイズム的には「最初の正常位と表情特化の中間で見たかった」くらいに思ってしまいましたね。最初のやつはどうせ結合部が見えないので、もうちょっと寄ってくれればベストだったんじゃないかと。

【VR】「ディープキスして…」 トロける激情接吻Sex VR 梓ヒカリ

というわけで、このシーンでおすすめなのは最後の対面座位ですね。ここは密着感が味わえて、梓ヒカリさんの表情も近くに感じられるのでおすすめです。

ここも密着&バイノーラル録音のために表情が画面外に出るシーンがあり、ここでは梓ヒカリさんの肩と男優さんの足しか見えない時間帯がありますが、1分もないくらいだったので許容範囲です。ただ、フェラチオ発射はちょっと許せないかも。

せっかく本番行為をしてるわけですから、膣内ゴム射の方が好みでした。もちろん人によっては「ゴム射よりはフェラチオの方がいい!」って人もいるでしょうけど、75分で発射が2発(手コキとフェラチオ)はちょっと残念に思います。

『【VR】「ディープキスして…」 トロける激情接吻Sex VR 梓ヒカリ』のトータル評価

ディープキス三昧のVR作品ってイチャラブ感が出て当然みたいなところがあるじゃないですか?本作にはそれが一切なく、これが逆に新鮮で良かったです。なんか「あんまり乗り気じゃない女の子にご奉仕させてる」みたいな変な興奮が味わえました。

ベロキス多めで表情も近くに感じられるシーンが多いのは〇。胸の谷間も素晴らしく、パイ揉みのシーンが多かったのもありがたかったです。ただ、梓ヒカリさんはお尻も素晴らしいので、お尻が楽しめるシーンが一切なかったのは残念でした。あとパイズリが無かったのもガッカリ。

他にも地味に残念なポイントがあって、陰毛の具合は好みの問題でスルーしたとしても、本番行為での発射がないのはかなり残念だと思います。最後は「対面座位→表情特化の正常位→正常位にして、最後はゴムを外してお腹に射精」とかの方が良かったです。

イチャラブ感があまりないベロキス作品として、エロイズム的には結構おすすめです。それでもやり方を変えればもっと絶賛できるクオリティになったような気もするので、あくまで結構おすすめレベルとしておきます。

  • URLをコピーしました!
目次