「身代わり肉便器 射精しても射精しても終わらない絶倫極道オヤジとの10日間監禁生活 桃乃木かな」の感想・レビュー

身代わり肉便器 射精しても射精しても終わらない絶倫極道オヤジとの10日間監禁生活 桃乃木かな

「身代わり肉便器 射精しても射精しても終わらない絶倫極道オヤジとの10日間監禁生活 桃乃木かな」はセクシー女優・桃乃木かなさんが、弟を助けるために自分の身をヤクザの組長に捧げるという設定のAV作品です。本作品は以下のような人におすすめします。

  • セクシー女優:桃乃木かなが好き
  • 弱みに付け込こんで肉体関係を迫るのが好き
  • 徐々に変わっていく心理描写とプレイ内容を楽しみたい

弟の不始末の責任を取るために10日間限定で愛人をするという感じの設定なんですが、まぁ桃乃木かなさんのヤラれっぷりが素晴らしい作品でした。最初は本当に嫌がっているんですが、徐々に手懐けられていってしまう雰囲気もたまりません。

後半に行くに連れてヤクザ要素が薄まってしまったり、何発も射精するタイプの作品で精子の見せ方が雑に感じる部分はありますが、ベロキスも非常に多くて「桃乃木かなさんを私物化する10日間」という意味では非常に楽しめる作品と言っていいでしょう。

以下では本作品の感想・レビューをエロイズム的な観点から紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

「身代わり肉便器 射精しても射精しても終わらない絶倫極道オヤジとの10日間監禁生活 桃乃木かな」の概要

身代わり肉便器 射精しても射精しても終わらない絶倫極道オヤジとの10日間監禁生活 桃乃木かな
配信サイトFANZA
配信日2021/04/09
収録時間149分
メーカーアイデアポケット
レーベルティッシュ
監督
シリーズ身代わり肉便器
ジャンルハイビジョン、独占配信、潮吹き、デジモ、単体作品、汗だく、淫乱・ハード系
女優桃乃木かな

FANZAの監督欄には記載されていませんが、監督は豆沢豆太郎氏とのこと。

イイオンナじゃねぇか…たまんねぇなぁ…弟を助けたかったら10日間俺のオンナになれ!愛する弟の借金のカタに絶倫極道の家に監禁され肉体奉仕を強いられる姉。俺がヤリたくなったらすぐケツ突き出せ!分かったな?イツでもドコでも男が射精したくなったらその場で即、挿入射精!快楽漬けザーメンまみれの日々…。スケベな体しやがって…チンポが全然おさまんねぇ!チンポが捻じ込まれる度に淫らになっていく肉体…。

身代わり肉便器 射精しても射精しても終わらない絶倫極道オヤジとの10日間監禁生活 桃乃木かな

「身代わり肉便器 射精しても射精しても終わらない絶倫極道オヤジとの10日間監禁生活 桃乃木かな」のシーン別の感想・レビュー

Scene1:プロローグ

平たく言うと「弟が組の金を無断で持ち出したのがバレてしまい、そのケジメを取るために姉の桃乃木かなさんが10日間限定で組長の愛人をすることになった」というストーリーです。

Scene2:愛人契約初日のSEX

身代わり肉便器 射精しても射精しても終わらない絶倫極道オヤジとの10日間監禁生活 桃乃木かな

早速組長の部屋へと連れて行かれ、雑におっぱいを揉まれる展開から好き勝手に抱かれるような展開へ。ベロを出すように強要されてから舐め回されたり、序盤のディープキスはまさに桃乃木かなさんを味わっているという感じがしました。

下着姿で布団に押し倒した後は華奢ながらも柔らかくて大きそうなおっぱいが飛び出て、この感触は文句の付けようがなさそうな感じ。エロイズム的にはおっぱいはさて置き、お腹周りが細すぎるのがちょっと気になったのと、霧吹きを使っているのか「そんな場面あった!?」ってくらいに過剰な汗をかいていたのが気になったくらいです。

パンツを脱がされてから自分でおまんこを開くように強要するシーンは、雰囲気・映像ともに最高でした。モザイクは結構濃いのにピンク色の秘境が楽しめるうえに、マン汁が糸を引く様子もばっちり!あとは恥ずかしさで一杯の桃乃木かなさんがおまんこを見せつけてくれるのが最高でしたね。

身代わり肉便器 射精しても射精しても終わらない絶倫極道オヤジとの10日間監禁生活 桃乃木かな

フェラチオはかなり雑というか暴力的で、頭を押さえつけながらのイラマチオから始まります。しかも始まったと思ったらすぐに口内発射で1発目という展開で、ここは正直言って早すぎる。絶倫ぶりを見せつける前に早漏という印象が否めません。

この後は正常位から挿入し、おっぱいの揺れと表情を楽しめるシーンへ。おっぱいは大きいのにあばらが浮いているので、エロイズム的にはちょっと心配になってしまうような感がありましたが、腕を取った時のおっぱいのたわわな感じは見事です。2発目は正常位からおっぱいに発射、すかさずバックから三回戦がスタートします。

バックで突きながら潮吹きしているものの、カメラアングル的にその迫力は伝わってこず。激しいバックのシーンなのに楽しめる場面は一瞬という感じで全体的にはやや物足りないんですが、良いシーンの迫力が良すぎて軽くお釣りがきているほど。

特にフィニッシュの瞬間に潮吹き+お尻の割れ目に発射というコンビネーションは絶妙でした。四回戦は側位から始まって、最後は正常位から顔射でフィニッシュ。

Scene3:ダイジェストシーン①

身代わり肉便器 射精しても射精しても終わらない絶倫極道オヤジとの10日間監禁生活 桃乃木かな

お風呂や食事の準備中など、組長が思い立ったタイミングでエッチなことをされ続ける桃乃木かなさんの様子が楽しめるダイジェストシーンです。

お風呂でエッチなことを要求されるっていうくらいは普通だと思うんですが、来客の前でも裸同然の桃乃木かなさんをそばに置き、手マンしながら会話をするっていうのがめちゃくちゃエロいです。

土下座で謝罪している組員は棚ぼた気分なんだろうか…。いずれにしても組長以外の男にまで裸を見られてしまう桃乃木かなさんが災難であり、そういう感情を無視してエロいことをされるっていうシチュエーションがヤクザっぽくて〇。

身代わり肉便器 射精しても射精しても終わらない絶倫極道オヤジとの10日間監禁生活 桃乃木かな

食事準備中に求められるシーンでは、裸エプロン姿の桃乃木かなさんが楽しめます。

お尻に顔を埋めて楽しんだ後で立ちバックから挿入となっていますが、残念ながらSEXシーンは最後まで描かれていません。何なら組長のガウンが邪魔で、挿入しているかどうかも謎っていうレベルです。

Scene4:歯磨き中にフェラから顔射&トイレでSEX

身代わり肉便器 射精しても射精しても終わらない絶倫極道オヤジとの10日間監禁生活 桃乃木かな

歯磨きしているところに呼び出してフェラチオをさせるっていうのが既にエロいです。セクシーランジェリー姿で登場した桃乃木かなさんは最初こそ嫌そうな顔でおちんちんをしゃぶりますが、組長から細かい指示を色々出されて従っているうちにフェラマシーンと化します。

おっぱいも使って気持ち良くした後、激しい音を立てたフェラチオでしゃぶり続けて顔射フィニッシュです。派手な顔射が決まっているので、可愛い顔が白濁液まみれになっている様子が見応えばっちりでした。

シーンが変わると今度はトイレで用を済ませた後に呼ばれ、おしっこの後でお掃除フェラでもさせられるのかなーと思っていたら、便座に座っている組長に跨ってのSEXが始まるっていうね。エロイズム的には「トイレの後にフェラチオの方がエロかったのでは!?」とも思いましたが、ここは前座位からの挿入で最後までは描かれていません。

おしっこ直後のフェラチオが楽しみたいのであれば「チ●ポ大好き超即尺おしゃぶりメイド」シリーズなんかがおすすめです。

Scene5:全裸鑑賞+中出しSEX

身代わり肉便器 射精しても射精しても終わらない絶倫極道オヤジとの10日間監禁生活 桃乃木かな

全裸の桃乃木かなさんを肴にお酒を飲むシーンからスタート。全裸のままテーブルの上に立たせたり、箸を使って乳首をつねってみたり…ねちっこい流れから始まってSEXへと発展します。

この時点では意思の疎通が出来ているというか、組長に言われる前に自分から組長の身体に舌を這わせたり、お酒を口移しするなどの調教が完成していました。

ちょっと気になった点として、お尻を向けた時の痩せ方に驚いたのと華奢な感じが際立っているので、スレンダーな女優さんが好きな人なら問題ないかと思いますが、肉付きの良い健康体が好きな人はちょっと心配になってしまう場面があるかも。霧吹きと思われる汗も過剰なので、エロイズム的には結構心配になってしまうっていうね。

おすすめポイントは手マンとフェラチオをたっぷり楽しんだ後の顔面騎乗+クンニです。両手を掴んで抵抗できなくした状態の桃乃木かなさんに顔面騎乗させて、好きなだけおまんこを舐めまくる展開は〇。シックスナインでもクンニされまくって、ろくにフェラチオもできない姿が印象的でした。

身代わり肉便器 射精しても射精しても終わらない絶倫極道オヤジとの10日間監禁生活 桃乃木かな

挿入は騎乗位からスタートで、騎乗位とは言っても桃乃木かなさんが腰を振るわけではなく、組長に下から突き上げられるという展開です。結合部を見せつけてくれる場面もありますし、おっぱいがブルンブルン揺れる場面もあります。

続く立ちバックではまたもや潮吹きのシーンがありますが、カメラアングルが残念過ぎてそこまで印象に残らないやーつ(1回すごいのあったけど)。本番シーンは騎乗位→立ちバック(お尻に発射)→片足上げ対面立位→正常位(お腹に発射)→寝バック(顔射)という流れで推移。

ちょっと疑似精子のクオリティが低すぎて、本来なら発射回数が増えるにつれてシャバシャバになっていくと思うんだけど、ハンドクリームくらいの感じになっていたのが悪い意味で印象的でした。

Scene6:ダイジェストシーン②

身代わり肉便器 射精しても射精しても終わらない絶倫極道オヤジとの10日間監禁生活 桃乃木かな

ネタ切れなのか「階段を下りてくる最中にもフェラチオをさせる」みたいなシーンがあったりして、ここは正直「普通にソファーに座っている状態でフェラチオさせるのと大して変わらねーじゃん!」っていう感じ。小刻みに移動する桃乃木かなさんの負担が気になりました。

他にはシャワー室でSEXをする場面だったり、彼氏と電話をしている最中にちょっかいを出されるシーンなんかがあります。

特に後者は結構な長尺で、エロイズム的には「ヤクザの組長なんだからそんなシャバいことしなくてもいいのに…」と思ってしまいました。電話中の相手にエッチなちょっかいを出すなんて、その辺の元カレNTRだけで十分じゃないかなぁ。

Scene7:完堕ち後のSEX

身代わり肉便器 射精しても射精しても終わらない絶倫極道オヤジとの10日間監禁生活 桃乃木かな

首輪と鎖を付けられた状態の桃乃木かなさんが、もう完全に組長の愛人になったフェーズです。

何か指示を出されるでもなく組長の身体を舐めたり、自分からディープキスを求めに行くような感じ。序盤は思いっきり舌を絡めていく展開が続くので、桃乃木かなさんのファンにはたまらないんじゃないかと。

本番シーンは立ちバック→騎乗位→背面騎乗位→バック(お尻に発射)→正常位→前座位→正常位(顔射)という流れで推移していきますが、途中でおちんちんを抜いて手マンでの潮吹きがあったり、シックスナインも用意されています。

身代わり肉便器 射精しても射精しても終わらない絶倫極道オヤジとの10日間監禁生活 桃乃木かな

最後のSEXに相応しく、完全に愛人としての役割に目覚めている様子が堪能できました。

騎乗位では挿入部分を見せつけてくれる場面も多く、散々突かれてグロッキーかと思えば休まずに咥えに行ったりなどアグレッシブでしたね。最後は正常位から顔射→お掃除フェラが二連続で続いてフィニッシュ。

「身代わり肉便器 射精しても射精しても終わらない絶倫極道オヤジとの10日間監禁生活 桃乃木かな」のトータル評価

ヤラれっぷりが際立っている作品ではあるんですが、桃乃木かなさんの口を塞ぐリアクションや、やたら汗をかいている演出が気になりました。

口を塞ぐのは声を抑えたいってことなんでしょうけど、これがどういう意味なのかイマイチ分からなかったのと、汗の方は恐らく霧吹きを使用してると思われるものの、エロイズム的には桃乃木かなさんの痩せ方も気になったので体調面で少し心配になるっていうね。

ヤクザの組長設定も最初は良かったんですが徐々に薄まってしまい、最後の方は絶倫おじさんとヤリまくっているだけというのも勿体なかったです。

エロいことをしている最中にもっと組員が来るとか、桃乃木かなさんを辱める演出があればなぁと。あとストーリーの面で弟は最初と最後に出てくるから良いとして、彼氏がいる設定の方は取って付けたような雑な設定だったのが気になります。

作品としては桃乃木かなさんのヤラれっぷりと、心情と共に移り変わっていくプレイ内容に見応えはあるんですが、極道という部分に期待しすぎるとイマイチに感じてしまうんじゃないかと思いました。桃乃木かなさんのファンの方や、何発も射精するタイプのAVが好きな方、自己犠牲から始まるドラマが好きな人におすすめです。

  • URLをコピーしました!
目次