『「終電ないならウチ来ますか?」僕の恋人が家で待ってるのに、 終電逃がし先輩女子社員の家に泊まる流れに…ノーパンノーブラ 部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった。。。 二葉エマ』の感想・レビュー

「終電ないならウチ来ますか?」僕の恋人が家で待ってるのに、 終電逃がし先輩女子社員の家に泊まる流れに…ノーパンノーブラ 部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった。。。 二葉エマ

『「終電ないならウチ来ますか?」僕の恋人が家で待ってるのに、 終電逃がし先輩女子社員の家に泊まる流れに…ノーパンノーブラ 部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった。。。 二葉エマ』はセクシー女優・二葉エマさんが先輩女子社員を演じ、終電がなくなって帰れない後輩男子社員を自宅に招いてSEXをしてしまうという、ドラマ風のAV作品(「部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった」シリーズ)です。本作品は以下のような人におすすめします。

  • セクシー女優・二葉エマが好き
  • 先輩女子社員と後輩男子社員という設定が好き
  • 浮気、NTR要素にそそられる
  • 二葉エマさんのすっぴんが見たい

結論から言うと久々にめちゃくちゃ酷評してしまいました。今までは多少の不満を言いながらも「そもそもこのシリーズ自体のクオリティが高いので、他のAVと比較したらそれなりの満足度は得られます」みたいなフォローもしてたんですけど、本作は結構ひどいです。

こっちが見たかった二葉エマさんの魅力が全然楽しめなかったというか、制作側の粗が目立ったという感じ。良いシーンがあってもすぐにカメラアングルが変わってしまったりで、抜きどころっていう抜きどころが見つけられませんでしたね。

以下では本作品の感想・レビューをエロイズム的な観点から紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

『「終電ないならウチ来ますか?」僕の恋人が家で待ってるのに、 終電逃がし先輩女子社員の家に泊まる流れに…ノーパンノーブラ 部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった。。。 二葉エマ』の概要

「終電ないならウチ来ますか?」僕の恋人が家で待ってるのに、 終電逃がし先輩女子社員の家に泊まる流れに…ノーパンノーブラ 部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった。。。 二葉エマ
配信サイトFANZA
配信日2022/05/06
収録時間144分
メーカーアイデアポケット
レーベルティッシュ
監督まえだのかほり
シリーズ部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった
ジャンルハイビジョン、独占配信、中出し、フェラ、NTR、美少女、ぽっちゃり、デジモ、単体作品
女優二葉エマ

大人気シリーズに「二葉エマ」参戦!「終電ないならウチ来ますか?」酔った勢いで男性社員お持ち帰り!女が男を家に入れるのはHいいよのサイン!ノーパンノーブラ部屋着に激カワすっぴん!僕を誘ってる!?2人きりの密室に欲望が暴走!絶倫エッチ!!「 エマさんとなら何回でも勃起できるかも…」童顔のすっぴんでもH!高まる興奮!小悪魔誘惑にメロメロ!翌朝までヤリまくり!!

「終電ないならウチ来ますか?」僕の恋人が家で待ってるのに、 終電逃がし先輩女子社員の家に泊まる流れに…ノーパンノーブラ 部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった。。。 二葉エマ

『「終電ないならウチ来ますか?」僕の恋人が家で待ってるのに、 終電逃がし先輩女子社員の家に泊まる流れに…ノーパンノーブラ 部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった。。。 二葉エマ』のシーン別の感想・レビュー

Scene1:プロローグ

「終電ないならウチ来ますか?」僕の恋人が家で待ってるのに、 終電逃がし先輩女子社員の家に泊まる流れに…ノーパンノーブラ 部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった。。。 二葉エマ

今までのパターンとは大きく変わった点が幾つかあって、まずは飲みに行く設定じゃなくなってカラオケだったので、酔って正常な判断ができなかったみたいなことがありません(まぁカラオケで軽く飲んでる説もあるけど)。あとは男子社員がなんで家に帰りたいのかの説明もないんですが、この説明は後でちゃんとありました(ここで引っかかったままだと置いてけぼりを食らいそう)。

そしてちょっと細かいかもしれないけど、男子社員は歌が上手で過去にバンドをやってた情報っている?こういう部分でドラマに幅を持たせようとするのって違うんじゃないかと思います。終電がなくなって二葉エマさんの家に行くっていう展開は変わらず、いつもみたいに「飲み足りない→家で飲み直す」みたいな分かりやすいやつがないので、ストーリーに入り込むには辻褄を合わせるのがしんどいイメージ。

Scene2:先輩女性社員の誘惑に負けてSEX

「終電ないならウチ来ますか?」僕の恋人が家で待ってるのに、 終電逃がし先輩女子社員の家に泊まる流れに…ノーパンノーブラ 部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった。。。 二葉エマ

過去シリーズ作に無かったくらい部屋が散らかってたのが〇。これがあると部屋着のラフな感じも際立つというか、ちょっとくらいおっぱいやおまんこが見えても気にしないような気がしないでもないっていうね。ちなみに展開的には急すぎて「男子社員が家に帰りたくない理由を言い当てる→男子社員が無言になる→謝りながらキスをする」みたいな感じ。

部屋の散らかり具合といい、二葉エマさんがデリカシーないキャラで描かれたシナリオなのかもしれないけど、ちょっとこれはシリーズお決まりの展開に比べて無理があるような気がします。これなら変にテコ入れというか、設定を弄らないでいつも通りやってた方がずっと良かった。ちなみにいつもなら「ラフな部屋着からおっぱいやおまんこが見える→男子社員がチラチラ見てくる→女優さんが見られているのに気付いて誘惑してくる」みたいな感じ。…ここにきて図星ついちゃって謝るのにキスって。

「終電ないならウチ来ますか?」僕の恋人が家で待ってるのに、 終電逃がし先輩女子社員の家に泊まる流れに…ノーパンノーブラ 部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった。。。 二葉エマ

二葉エマさんが完全に主導権を握っておちんちんを積極的にしゃぶってくる展開はいいんですが、ただひたすらフェラチオをするっていう展開もやや物足りないです。どうせなら痴女方向に振り切ってくれれば、不可解な行動の多くも「まぁ痴女だからな…」で済んだのに、ほとんどセリフっぽいセリフがないまま絡みに没頭しているんですよね。この時点で置き去りにされていると取り返すのが結構難しいんじゃないかなぁ。

「終電ないならウチ来ますか?」僕の恋人が家で待ってるのに、 終電逃がし先輩女子社員の家に泊まる流れに…ノーパンノーブラ 部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった。。。 二葉エマ

挿入は騎乗位からナマ挿入。騎乗位しながら指舐めするっていう展開はシリーズ初だったんじゃないかと思うんですが、ここまで積極的なエッチを展開するんだからマジでもうちょっと言葉責めみたいなやつが欲しかったです。

あと気になったのはタンクトップのサイズが大きすぎて、ショートパンツを脱いでからも下半身が隠れちゃってることですね。こういう場面って男優さんか女優さんがタンクトップをめくって見えるようにするもんですけど、これはドラマだからなのかそういう配慮も一切なく、ぶっちゃけ「挿入してなくても全然成立する」っていう感じの映像が続きます。

挿入は騎乗位→座位→正常位(ここで全裸)→バック→騎乗位で、最後は騎乗位から中出しでフィニッシュ。

カメラワークも一気にドラマ寄りに。ここ最近のシリーズ作品は挿入部をあまり見せないカメラワークになってきていたのが気になっていたんですが、それが一気に顕著になりました。例えばバックで突くにしても「挿入部もおっぱいの揺れも見せずに顔のアップを捉える」みたいな見せ方っていうのかな…まさにAVじゃなくてドラマみたいな感じ。

Scene3:本命彼女とビデオ通話しながらのSEX

「終電ないならウチ来ますか?」僕の恋人が家で待ってるのに、 終電逃がし先輩女子社員の家に泊まる流れに…ノーパンノーブラ 部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった。。。 二葉エマ

SEX中に着信があったこともあり、男子社員が本命彼女に折り返し電話をするシーン。彼女からビデオ通話を要求されてそれに渋々応じ、その様子に気付いた二葉エマさんが悪戯をしに来る場面です。

思いっきり音を立ててフェラチオをするんですが、その音が本命彼女に聞こえても構わずに続けるっていうあたりも賛否がありそうな気がします。エロイズム的には本命彼女にそれを指摘された時点で、照れ笑いをしながら止めるってくらいがちょうどいいと思っているので、ここはちょっとやりすぎに感じました。

「終電ないならウチ来ますか?」僕の恋人が家で待ってるのに、 終電逃がし先輩女子社員の家に泊まる流れに…ノーパンノーブラ 部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった。。。 二葉エマ

電話を切った後もフェラは続き、軽いアナル舐めなんかを挟みつつ騎乗位で挿入へ。挿入直後、おっぱいを揉みながらの騎乗位は結構エロいと思ったんですが、すぐに密着騎乗位になっちゃったのが残念です。

結合部を画面下に持ってきているのに、おっぱいを触らない騎乗位ってどうなんだろう…男性を映らないようにしたいのかもしれませんがその割には密着している場面が多く、特に男性の背中を映した座位を展開されると視覚的な興奮はゼロでした。立ちバックなんかも挟みつつ、ここも最後は騎乗位から中出しです。

Scene4:シャワーシーンにてフェラ抜き

「終電ないならウチ来ますか?」僕の恋人が家で待ってるのに、 終電逃がし先輩女子社員の家に泊まる流れに…ノーパンノーブラ 部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった。。。 二葉エマ

まずは二葉エマさんの身体を洗う展開から。男子社員が二葉エマさんに対して素手で身体を触りまくれる素晴らしいシーンなのに、なぜかすぐに攻守交替してしまいます。あとはシリーズ恒例のソープごっこというか、二葉エマさんが男子社員の身体を洗ってあげるという一方的な展開へ。

散々責めておいて最後までやらず、悶々としている男子社員から抜いてほしいという感じの態度を引き出すところは〇。普段なら普通にフェラ抜きに進んでしまう場面だったので、ここで焦らしというか痴女っぽい感じがあったのは非常に良かったです。最後はフェラから口内発射、お掃除フェラの後でキスをして終わりという展開になっています(ザーメン口移しって感じではないものの苦手な人は苦手かも)。

Scene5:すっぴんSEX

「終電ないならウチ来ますか?」僕の恋人が家で待ってるのに、 終電逃がし先輩女子社員の家に泊まる流れに…ノーパンノーブラ 部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった。。。 二葉エマ

久々に良いすっぴんが見られました。劇的に変わるってほどじゃなく可愛いままで、でも普段とは明確な違いが分かるという…男としては一番テンションが上がる感じ。そしてここからのSEXは完全に立場が逆転するわけですが、さっきお風呂場でモジモジしてた男性が急に主導権を握り始めるのには軽い違和感があります。

そして相変わらずカメラワークが酷いというか、こっちが見たい場面はそんなに見せてくれないという感がありました。序盤の手マンのシーンで二葉エマさんのおまんこのアップがある他、そこ以外でおまんこや挿入部をフォーカスしたシーンはほとんどありません。これは本作だけの問題ではなく、最近のシリーズ作品でもそういう傾向が強くなってる感じがあるんですが、本作は特にドラマっぽいカメラワークになっているような気がしました。

「終電ないならウチ来ますか?」僕の恋人が家で待ってるのに、 終電逃がし先輩女子社員の家に泊まる流れに…ノーパンノーブラ 部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった。。。 二葉エマ

例えばすっぴんでのSEXって別に顔だけが見たいわけじゃなくて、普段のSEXにおける「挿入部、おっぱい、感じている顔」みたいな要素にすっぴんが追加されているって話だと思うので、顔だけアップで見せられてもなぁという感じ。しかもその見せ方が「正常位で顔のアップ→カメラが引いて全体像になると男性が密着する(結果、見たい部分が隠れる)」みたいなことがマジで多かったです。

騎乗位のシーンでちょっとだけ結合部が楽しめますがすぐに横向きのアングルに変わってしまうこともあり、時間的にもめちゃくちゃ短いのでここで抜くのは相当厳しいかと。じゃあそれ以外で興奮できる場面があるかと言うと、それもまた厳しいって感じでした。タンクトップも最後まで着たままですし、最後の発射に関しても「恐らく騎乗位で中出ししたんだろう」みたいな見せ方となっています(おちんちんを抜いておまんこから精子が出てくる描写なんかは一切ありません)。

Scene6:早朝SEX

「終電ないならウチ来ますか?」僕の恋人が家で待ってるのに、 終電逃がし先輩女子社員の家に泊まる流れに…ノーパンノーブラ 部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった。。。 二葉エマ

朝日に包まれてのSEXなんですが部屋がいつもより暗いのが気になりました。カーテンは中途半端にしか開いておらず、ベッドも窓際じゃないからなんでしょうけど、すっぴんを隠したいっていう目論見があったとしてもこれはちょっと露骨すぎやしないかと(上記サンプル画像は明るくなるように加工されているか、AVの方が暗くなるように加工されてます)。

あとは騎乗位や正常位を真横から撮影したりして、ちょっと意地悪に感じるカメラワークも目立ちました。二葉エマさんがM字開脚しながらの騎乗位ですら「おまんこが男優さんの膝で隠れるようなアングル」って言うのかな。正常位も結合部は二葉エマさんの足や男優さんが腰に添えた手で隠している感が凄かったです。最後は正常位から口内発射、お掃除フェラでフィニッシュ。

『「終電ないならウチ来ますか?」僕の恋人が家で待ってるのに、 終電逃がし先輩女子社員の家に泊まる流れに…ノーパンノーブラ 部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった。。。 二葉エマ』のトータル評価

前作の「僕の恋人が家で待ってるのに、 終電逃がし激カワ先輩社員の家に泊まる流れに…ノーパンノーブラ 部屋着に興奮した絶倫のボクは一晩中ヤりまくった。。。 アイポケ1本限定出演!! 初川みなみ」がリリースされてから半年以上空いてのシリーズ新作となりました。ぶっちゃけシリーズとしては下火というか、こういう路線でいくなら人気は落ちていくんじゃないかなぁと感じざるを得ないクオリティだったと思います。

まず二葉エマさんの魅力がほとんど感じられず、むしろ「なんでこうなった!?」みたいなことが多かったです。発射の様子を見せないなんてのはこのシリーズにおいて前代未聞だし、ドラマっぽく見せようとしたカメラアングルもめちゃくちゃ気になりました。あと極端に言うと「モザイクいらないんじゃね?」っていうシーンが多かったのもマイナスポイント。

二葉エマさんが好きなら本作もそれなりに楽しめるかもしれませんが、それでも他作品の方が絶対に楽しめますし、シリーズのファンはスルーでいいです。

  • URLをコピーしました!
目次