「グラドルオタクの姉の彼氏を極小グラビア水着でイケナイ誘惑SEX 夕雛エミリ」の感想・レビュー

グラドルオタクの姉の彼氏を極小グラビア水着でイケナイ誘惑SEX 夕雛エミリ

「グラドルオタクの姉の彼氏を極小グラビア水着でイケナイ誘惑SEX 夕雛エミリ」はセクシー女優・夕雛エミリさんが本命彼女の妹を演じ、姉の彼氏をグラビア水着で誘惑する設定のAV作品です。本作品は以下のような人におすすめします。

  • セクシー女優:夕雛エミリが好き
  • 夕雛エミリさんの水着姿を堪能したい
  • 主人公がグラドルオタク設定であること、姉関連の逆NTRはどうでもいい

おそらく「夕雛エミリさんの実際のお姉さんがグラドル」ということを利用し、それっぽい作品を撮ってみたってだけの話じゃないかと思いました。現に主人公がグラドルオタクであることなんか全然見えてきませんでしたし、姉がいてもいなくても大差なかったような…。

姉の近くでエッチなことをするやつもやっつけの演出というか、本当にただ近くでやってるだけです。水着姿の夕雛エミリさんと絡むシーンは豊富なので、ここを楽しめる人ならそれなりに満足できると思いました。

以下では本作品の感想・レビューをエロイズム的な観点から紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

「グラドルオタクの姉の彼氏を極小グラビア水着でイケナイ誘惑SEX 夕雛エミリ」の概要

配信サイトFANZA
配信日2024/05/10
収録時間122分
メーカーアイデアポケット
レーベルティッシュ
監督ドラゴン西川
シリーズ
ジャンルハイビジョン、4K、独占配信、痴女、美少女、巨乳、単体作品、女子校生
女優夕雛エミリ

夕雛エミリ専属第3弾!グラビアオタクのお姉ちゃんの彼氏をGカップ究極グラビアBODYで超誘惑!!そんなカラダで誘惑されたら勝てるわけないじゃん。「私のカラダ、ほぼグラドルと一緒だよ」彼女の妹からの危険な言葉。(1)グラビアポーズで誘惑横取りSEX(2)シャワー中の彼氏をパイズリ手コキ(3)寝てる部屋に侵入し逆夜●いSEX(4)姉の目を盗んでドキドキ朝一フェラ(5)姉の留守中にヤリまくり絶倫SEX。これはもうグラビアBODYテロです。

グラドルオタクの姉の彼氏を極小グラビア水着でイケナイ誘惑SEX 夕雛エミリ

「グラドルオタクの姉の彼氏を極小グラビア水着でイケナイ誘惑SEX 夕雛エミリ」のシーン別の感想・レビュー

Scene1:グラビアポーズで誘惑横取りSEX

主人公とその彼女、そしてその彼女の妹(夕雛エミリさん)という構図。2人がお家デートしているときに制服姿の夕雛エミリさんが帰宅し、本命彼女はバイト先に忘れ物を取りに行くことになり、残された2人が部屋でエッチな空気になるという感じ。

2人きりになった瞬間、急に制服をはだけて水着姿を見せてくる展開になるんですが、演技力が拙いのか台本が悪いのか…。いずれにしてもやらされてる感があったり、唐突に展開される雰囲気が否めません

一応、夕雛エミリさんは超有名グラドルの妹という肩書でデビューしており、それを擦る意味でもこういう作風にしたんだと思うんですが、目の前で披露するグラビアポーズはちょっとぎこちなさを感じました。

デビュー作「新人デビュー FIRST IMPRESSION 169 本物グラビアアイドルの妹 夕雛エミリ」では初脱ぎシーンでちょっとしたポーズを取ったりしていて、新人なのに卒がないと驚かされたんですが…なんか下手になってるような気が。

ちなみに実姉が誰なのかは2024年5月時点では公表されていないと思われます。ネット上で憶測が飛び交うばかりで、果たして事実なのか設定なのかすら疑問。

「触りたくなっちゃう→触っていいよ」の流れからおっぱいへのちょっかいが始まります。つついたり、軽く揉んだりしているんですが、カウンターでおちんちんへのタッチもスタート。これも痴女っぽさが感じられず、やや強引というか「台本にかかれてるからそうしました」という雰囲気が強めでした。

あとは騎乗位スタイルでのぱふぱふ、素股、ベロキス、乳首舐めなどが展開され、素股をしている場面でのお尻アングルが〇。男優さんが徐々に喘ぎ声を強くしていくのは気になったものの、フェラ顔はかなりエロいと思いました。音の立て方、よだれの出し方が良い意味で下品寄り。

顔面騎乗でクンニの催促、それと同時に手コキを炸裂させつつ、騎乗位から挿入へ。本番シーンは騎乗位→対面座位→バック→ソファーに座らせて立ち膝で挿入という流れで推移し、最後はおっぱいに発射してフィニッシュ。

騎乗位では開脚して結合部を見せつけるシーンが2回に渡って用意されています。この時間では結合部がしっかり見られますし、何より前作「本物グラビアアイドルの妹と濃密に絡み合う密着キスSEX GcupグラビアBODY第2弾! 夕雛エミリ」では見られなかったやつという意味で〇。お尻アングルも良かったです。

Scene2:シャワー中の彼氏をパイズリ手コキ

3人で食事中、夕雛エミリさんがテーブル下でおちんちんに足でちょっかいを出してくるシーンに始まり、その後はお風呂まで追いかけてきてのエッチなシーンへ。水着っぽい衣装を着用した状態で、ソープごっこみたいな展開に進みます。

まずは全身を泡まみれにするんですが、ここのカメラワークもグラビア寄りというかイメビっぽさあり。ローアングルから舐めるようにして撮影しており、お尻に泡を付けているシーンが良かったです。

全身を泡だらけにしたらおっぱいを中心に押し付けるようにして、主人公の身体を洗っていきます。おっぱいがメイン+パンツは脱がないという点で見る人を選びそうです。夕雛エミリさんのおっぱいが好きな人なら楽しめるんじゃないかと。

後半は手コキ要素が強くなり、お尻を押し当てながらの手コキや尻コキなんかも用意されていますが、場所が狭いせいかあまり上手に撮られているとは思いませんでした。最後はパイズリへとシフトし、パイズリ挟射でフィニッシュ。

パイズリ挟射したっぽいタイミングでずっとおっぱいを映していますが、ボディーソープの泡だけで白濁液の類は一切確認できず。…発射した?と思ってしまうくらいに地味なフィニッシュでした。

Scene3:寝てる部屋に侵入し逆夜●いSEX

ここも特に前置きなどはなく、2人が寝ているところにスススとやってきてSEXが始まるシーンです。唐突すぎるというか雑すぎるというか…まぁ良く言えば思い切りがいいってことなんでしょうけど。

この手の作品だと「本命彼女とSEXする展開になる→さっき抜かれたばかり(かつ夕雛エミリさんの方が魅力的)で勃起しない→本命彼女が寝てしまう→夕雛エミリさんによる逆夜這い」みたいな芝居があっても良さそうですが、そういうのは一切ありません。

すぐに上から覆いかぶさって来て、フェラチオ→乳首舐め→ベロキス→パイズリという流れ。サンプル動画を見てもらったら分かるように、かなりの接近戦となっています。そもそもリアリティを追求した作風じゃないのは分かりきっていますが、それにしても…と言いたくなってしまうような感じ。

ただ、本命彼女が起きる気配は微塵もないのに、頻繁に「横に彼女が寝てますアピールの映像」になるもんだから、この手のカメラワークが誰に刺さるのかは謎。一応、声を抑えようとしている雰囲気はあるので、サイレント系のシチュエーションが好きな人には良いかも。

シックスナインではクンニ前にアナルが見えるシーンあり。そして騎乗位からパンツずらし状態で挿入が始まります。

本番シーンは騎乗位→(ソファーに移動してパンツを脱ぐ)→後座位→立ちバック→片足上げ立ちバック→立ちバック→正常位という流れで推移し、最後はおっぱいに発射してフィニッシュ。結合部はちょこちょこ撮られていた印象で、特に後座位がおすすめです。

グラドルオタクの姉の彼氏を極小グラビア水着でイケナイ誘惑SEX 夕雛エミリ

エロイズム的には「声が出せない、激しく動けない、遠目のアングルがやや多めで本来のSEXシーンとしてのエロさが半減している」と思ってしまい、横に本命彼女がいることはマイナス要素にしか感じられなかったです。

あまり寝返りをしつこく拾われるのも好きじゃないけど、ここまで空気になるくらいだったら最初からこのシチュエーションを選ばなくても…とはなったよね。この辺は見る人によって好き嫌いが大きく分かれると思いました。

Scene4:姉の目を盗んでドキドキ朝一フェラ

本命彼女が割と近くでメイクを直しているのに、向かいに座ってた夕雛エミリさんが主人公の横に移動して誘惑。この後は露骨に死角に逃げ込んでからのフェラ抜きへと進みます。

主観アングルでフェラチオが楽しめるのはありがたいんですが、やり方が結構強引で、もはや本命彼女のに対して「ここまでやられて気付かないなんて…随分おめでたい人ですね」という失望しかありません。展開的には逆NTRってことになるんだろうけど、これを逆NTRとは言いたくないみたいな。

フェラチオもここぞノーハンドフェラが見たかったのに、おちんちんをしっかり掴んでいて「モザイクいるのこれ?」くらいになっていたのが×。最後も舌上発射するも手で隠れてしまって見られず。

Scene5:姉の留守中にヤリまくり絶倫SEX

夕方に2人きりのSEXシーンです。ほぼおっぱいも陰毛も飛び出てしまうような水着姿を雑にスマホ撮影するシーンから始まります。主人公にグラドルオタク要素があるなら、ここぞしっかりと撮影してほしかったなぁ…。ただシャッター音を鳴らせばいいや的な雰囲気がちょっと気に入らなかったです。

そしてすぐにおっぱいへの愛撫が始まり、ここで本作初のおまんこくぱぁあり。軽くクリトリスを触ってからクンニへと移行し、手マンのシーンでも局部がしっかり撮られています。手マンは正面とお尻側の2種類が用意されていますが、おまんこが見たいなら断然正面の方が良かったです。

攻守が入れ替わると手コキやフェラチオ、シックスナインへ。授乳プレイなんかもありますが、フェラチオ中はおっぱいへのちょっかいも控えめですし、シックスナインもちょっとだけお尻を映した後はフェラ側やほぼ真横だったりするのがイマイチでした。

本番シーンはバック→ベッドを使った立ちバック→正常位→騎乗位→正常位という流れで推移し、最後はおっぱいに発射してフィニッシュ。ここも正常位を中心に結合部がちょこちょこ撮られていましたが、それを長尺で楽しめるシーンは無し。

サンプル画像だと日中のような見やすい雰囲気がありますが、実際には夕方っぽい雰囲気が強めのオレンジ背景です。

「グラドルオタクの姉の彼氏を極小グラビア水着でイケナイ誘惑SEX 夕雛エミリ」のトータル評価

タイトル的にはグラドルオタクの姉の彼氏(主人公)がひとつのテーマになってると思うんですが、姉の存在もグラドルオタクの設定もほぼ空気です。何なら姉に至っては「本当に必要だった?」ってくらいに空気が薄く、寝取られストーリーなのになぜNTRタグが付いていないかもお察しという感じ。

ぶっちゃけ夕雛エミリさんが水着を着て誘惑してくるだけの作品と言っていいレベルで、ここに魅力を感じられるなら高評価もできるでしょう。完全着衣ってこともないので、裸が見られないってこともありません。

意外と結合部はそれなりに撮られていて、開脚騎乗位では長尺で結合部を楽しむことができました。それ以外でも短い時間ならちょこちょこ映されていて、。エロイズム的には「もうちょっと長く映してほしい」と思ってしまいましたが、ここで満足できるならそれなりに楽しめると思います。

夕雛エミリさんのファンの方にはそれなりにおすすめ。それ以外の方で特に姉関連のシチュエーションに興味を持った人にはちょっとおすすめしにくいです。水着姿の夕雛エミリさんのエッチな姿が見られれば良いという方はどうぞ。

  • URLをコピーしました!
目次