「絶対に知られてはいけない兄嫁の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 新村あかり」の感想・レビュー

絶対に知られてはいけない兄嫁の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 新村あかり

「絶対に知られてはいけない兄嫁の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 新村あかり」はセクシー女優・新村あかりさんが結婚前に風俗勤務をしていて、その弱みに付け込んで義理の弟から肉体関係を迫られてしまう設定のAV作品です。本作品は以下のような人におすすめします。

  • セクシー女優・新村あかりが好き
  • パイパン、無毛おまんこが大好き
  • 嫌がってる女性とのエッチ、蔑む目線が好き

新村あかりさんの演技が上手で、強気な感じでセリフを浴びせてきたり、蔑んだ目線を送ってくるというシチュエーションが最高でした。そんな女性を服従させるっていう展開は、刺さる人にはめちゃくちゃ刺さると思います。

一方でおっぱいもお尻も素晴らしい女優さんなのに、ピックアップされるのは「パイパン」ばかりなんですよね。これはパイパン好きには刺さると思うんですが、そこまでパイパンに興味がなければ「もっとおっぱいとかお尻が楽しみたい」と思ってしまうような気がしましたね。

以下では本作品の感想・レビューをエロイズム的な観点から紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

「絶対に知られてはいけない兄嫁の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 新村あかり」の概要

絶対に知られてはいけない兄嫁の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 新村あかり
配信サイトFANZA
配信日2022/06/17
収録時間162分
メーカーFitch
レーベルFitch
監督
シリーズずっと嫌な顔されながら中出ししてやりました…
ジャンルハイビジョン、独占配信、巨乳、単体作品、中出し、人妻・主婦、NTR、パイパン
女優新村あかり

拒めない女性に嫌な顔されながら欲情をぶちまける快感!海外で仕事が失敗して帰国した僕は疲労と挫折感から引き籠っていたが、兄貴が心配して面倒を見ると家に呼んでくれた。そこで初めて兄貴の嫁のあかりさんと挨拶を交わす。しかし実は兄貴には絶対に言えないような状況で彼女と出会っていた事を思い出して…。その時の証拠写真を見せ弱みを握った僕は、溜まっていた日々の鬱憤を屈折した性欲に変えて兄嫁の肉体を弄んでいく。

絶対に知られてはいけない兄嫁の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 新村あかり

「絶対に知られてはいけない兄嫁の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 新村あかり」のシーン別の感想・レビュー

Scene1:プロローグ

仕事で失敗してしまい、兄貴の家に転がり込んだ主人公。そこで初めて会った兄貴の奥さんが、過去に風俗で接客してくれた風俗嬢だったという設定です。風俗で働いていたことを夫にバラされたくない新村あかりさんと、それに付け込んでエッチな要求をする主人公…という感じ。

本作はシリーズ2作目で、シリーズ前作の「絶対親には知られたくない妹の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 川北メイサ」と比べると設定がかなりブラッシュアップされた印象でした。

Scene2:過去に風俗で撮った写真を武器にセクハラ

絶対に知られてはいけない兄嫁の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 新村あかり

主人公が仕事で海外に行く前に、最後に行った風俗での相手が新村あかりさんだったようで、その時の秘密をバラされたくなければ…という感じでエッチな要求をするシーンです。かなりのスロースタートなんですが「おっぱい見せて→おっぱい触らせて→おっぱい舐めさせて」って感じで、徐々にエスカレートしていきます。

主人公が結構嫌な奴で、兄貴の家にお世話になってるくせにゲスいっていうのは賛否があるかと思いました。ただ、新村あかりさんも秘密をバラされたくない一心で、夫(主人公の兄貴)に打診して主人公を追い出そうとした経緯があり、その場面を主人公に目撃されているという設定は絶妙でしたね。

絶対に知られてはいけない兄嫁の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 新村あかり

新村あかりさんの無毛おまんこを眺めるシーンは絶景で、ここも序盤はパンツをちょっとだけ下げておまんこは隠れるようにしてたり、そこから再度穿かせて食い込ませるなど、焦らし方はかなりエグかったです。パンツを脱がせてからも足は閉じたままで、開脚させるまでだいぶ焦らされたイメージがありました。

後半は股を開かせてクン二の時間が続き、シックスナインにシフトしてお互いを舐め合う展開へ。最後はシックスナインでのフェラチオ中に口内発射でフィニッシュです。

Scene3:兄貴(夫)が近くにいる状況でクンニ

絶対に知られてはいけない兄嫁の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 新村あかり

あくまでNTR要素を際立たせるためとは言え、主人公の兄貴(新村あかりさんの夫)が扉を開けたままシャワーを浴びてるってのも変な話だし、そのすぐ横で新村あかりさんのパンツを脱がせてクンニをしているのは違和感ありありでした。

ダイジェストと言っていいくらいの短いシーンではあるものの、ここの作りはかなり雑と言っていいでしょう。あれだけ丁寧に最初のシーンは進行されていたのに、ここは本当に勿体なかったです。

Scene4:新村あかりさんのシャワー中に乱入

絶対に知られてはいけない兄嫁の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 新村あかり

新村あかりさんがシャワーを浴びているところに乱入していって、身体の洗いっこを強要するシーンからスタート。主観映像が多めになっていて、男優さんもセリフを喋らない場面が続くので、それなりに臨場感が味わえるシーンと言っていいでしょう。新村あかりさんの泡だらけのおっぱいやお尻を素手で撫で回すのが最高でした。

中盤にはおまんこにも手を伸ばすんですが、相変わらず足を閉じた状態が長くてパイパン要素を見せつける感じ。そしてシャワーをおまんこに当てて刺激する展開から太ももコキへと発展し、ローションを使った手マンへ。手マンシーンではローアングルじゃなくてせいぜい水平方向止まりで、男優さんの手の上から撮影する感じが物足りませんでした。

後半には新村あかりさんの素股・手コキが待っています。ここはめちゃくちゃ気持ち良さそうで、新村あかりさんの無毛おまんこの雰囲気も味わえますし、嫌がっている表情や強気な感じのセリフも良いアクセントになっていたと思います。最後は素股・手コキで空中発射してフィニッシュ。

Scene5:2人きりの家で本番を強要

絶対に知られてはいけない兄嫁の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 新村あかり

兄貴の帰りが遅くなるというタイミングで、新村あかりさんに本番を強要するシーンです。本番を強要された新村あかりさんの「馬鹿じゃないの?」という強気な演技が最高で、その後で「兄貴に言っちゃおー」と言われて服従するしかなくなる感じがたまりません。

嫌々な雰囲気全開の新村あかりさんにキスを強要し、おっぱいも好き勝手に揉みしだき…当然おまんこも弄んでいきます。相変わらず焦らしがが凄くて、ここでもパンツを中途半端に脱がせてからのパイパン強調シーンが用意されていましたが、豪快な開脚&おまんこくぱぁのシーンが用意されていたのは〇。

絶対に知られてはいけない兄嫁の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 新村あかり

手マン・クンニ、フェラチオを経由して挿入へ。嫌々なんですが積極的なフェラチオにはかなり見応えがあり、ここでフェラ抜きすれば本番しなくて済むっていう考えが見え透いていたのも良き。

挿入シーンは正常位→座り側位→側位→バック→正常位という流れで推移し、最後はお腹に発射してフィニッシュ。最後までブラジャーを着けっぱなしで、おっぱいへのちょっかいも少なく、バックのシーンでもお尻へのタッチなんかが無くてちょっと物足りなかったです。

このシーンが本作最初のSEXシーンなんですが、1時間以上が経過してからの本番シーンなので「ようやくか…」っていうくらいのスロースタートでした。

Scene6:キッチンでおもちゃ責めして大量放尿

絶対に知られてはいけない兄嫁の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 新村あかり

序盤は夫婦の会話に始まるんですが、主人公が隠れたところからリモコンローターを操作していて、夫婦の会話中に電源をオン・オフするって感じの場面から始まります。スイッチをオンした瞬間の新村あかりさんの乱れっぷりが〇。

最初は物陰に隠れていたはずなのに、途中からはもうかなり至近距離まで近付いていて、リビングで晩酌をしている兄貴が空気になっているのは違和感がありましたね。話しかけてくるでもなく、電マの音とか絶対に気付いてたはずだし。

絶対に知られてはいけない兄嫁の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 新村あかり

ローアングルからの電マ攻めはかなり見応えがあり、いつもなら「これ本当に潮吹き(お漏らし)してる?」と懐疑的に見てしまいがちなんですが、新村あかりさんのこれは色や出方がめちゃくちゃリアルで、かなり本物っぽく見えました。

最後は電マ責めからのお漏らしがあってフィニッシュです。兄貴がもうちょっと入ってこないとNTR感がないというか、そもそもここまで空気になるなら「最初から兄貴がリビングにいなくても良かったんじゃね?」ってくらいの感じでしたね。

Scene7:水着姿でナマ中出しSEX

絶対に知られてはいけない兄嫁の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 新村あかり

夫婦の営みの声を聞いてしまい、ムラムラした主人公が「俺もヤリたい」と言い出すシーンです。ちなみに夫婦のSEXシーンは一切収録されていません。オプションと称して透け透けの水着を着てもらう場面から始まります。

ここでもパイパン要素を堪能させてくれる場面は多く、ハイレグ部分をずらしてのおまんこ責めのシーンが多かった印象ですね。エロイズム的には全裸が拝みたかったのでアレなんですが、水着の食い込みフェチの方には最高じゃないかと思います。

絶対に知られてはいけない兄嫁の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 新村あかり

長時間のクンニ、嫌がりながらもご奉仕を強要される新村あかりさん…蔑んだ目線と「最低」というセリフが飛び交う中、それでもおちんちんをしゃぶっているというアンバランスな雰囲気が非常に魅力的でした。

挿入は正常位からナマ挿入で行われますが、嫌がる瞬間の演技にはめちゃくちゃそそられましたね。ただ、一旦挿入されたらもう無抵抗っていうのは何とかならないかなぁ…。ずっと嫌がるのも難しいとは思うんですが、あれだけナマ挿入を嫌がってたのに、騎乗位に変わる場面ではすんなり自分からナマ挿入するってのは解せないです。

絶対に知られてはいけない兄嫁の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 新村あかり

挿入シーンは正常位→騎乗位→背面騎乗位→バック(中出し)→正常位(顔射)という流れで推移。

最後の最後に全裸になってくれますが、ここが唯一の全裸での挿入シーンっていうのはやや物足りないですかね。最後の顔射も精子の量がかなり少なめで、羨ましそうに見ていたのに「意外と気持ち良くなかったのかな?」となってしまったのも残念でした。

「絶対に知られてはいけない兄嫁の弱みを握った僕はずっと嫌な顔されながらむっちり柔らかいパイパンマ○コに中出ししてやりました… 新村あかり」のトータル評価

シリーズ2作目ですが、大まかな流れはシリーズ前作と一緒なものの、設定はブラッシュアップされていたように思うので、今後の展望が楽しみなシリーズ作品と言っていいでしょう。人妻NTRの展開として過去に風俗で働いていたという設定や、それが一つ屋根の下で進行されるという展開も見事です。

新村あかりさんの人妻としての色気、そして服従しつつも随所で強気なセリフを吐いたり、蔑んだ目線を送ってくる感じは文句なしです。おっぱいもお尻も素晴らしい女優さんなのに、ピックアップされてるのがパイパンばかりなので、この辺は好き嫌いが分かれそうな気がします。

エロイズム的には2つのSEXシーンがどちらも着衣だったこと、おっぱいやお尻をたっぷり味わえる場面が少なかったことが残念でした。NTR作品としても中途半端で、パイパンが好きならおすすめしたいんですが、そうじゃなければ別作品の方が楽しめると思います。

  • URLをコピーしました!
目次