「喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク」の感想・レビュー

喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク

「喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク」はセクシー女優・枢木あおいさん&渚みつきさんの2人が義妹ギャルを演じ、義兄をパンチラ誘惑してSEXをしてしまうという設定のAV作品です。本作品は以下のような人におすすめします。

  • セクシー女優・枢木あおいが好き
  • セクシー女優・渚みつきが好き
  • 痴女系ギャルが好き
  • 女性のパーツでは断然「お尻」派

ひとつ屋根の下ではあるんですが、血のつながりの無い兄妹設定なので、近親相姦が苦手な人でも楽しめる作品です。枢木あおいさんと渚みつきさんが無防備パンチラを披露し、それに誘惑された義兄をからかうような感じでSEXへと突入します。

とにかく最初から最後までお尻にこだわって撮影されているので、この2人のお尻が好きな人におすすめの作品と言っていいでしょう。ぶっちゃけお尻は出しっぱなしなんですが、逆におっぱいを楽しめる場面はほとんどないので、この辺は注意が必要です。

以下では本作品の感想・レビューをエロイズム的な観点から紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

「喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク」の概要

喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク
配信サイトFANZA
配信日2022/04/09
収録時間159分
メーカーケイ・エム・プロデュース
レーベルmillion(ミリオン)
監督五右衛門
シリーズ
ジャンルハイビジョン、痴女、巨尻、女子校生、ギャル、中出し
女優枢木あおい、渚みつき

イェーーーイ!!ギャルのぷり尻しか勝たん!!これが新時代のパコり方!?クソザコM男はピチピチW尻で全力挟み撃ちっ!!『喘ぐなんてゼ~ッタイ許さない♪』。モチ尻×エロ尻でボクの視界は完全BLACKOUT!!顔もチ●ポも尻まみれでエグ過ぎ注意!?この尻は…クセになるぞ。

喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク

「喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク」のシーン別の感想・レビュー

Scene1:父親に内緒でW尻痴女責め

喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク

真面目系キャラクターの主人公に対して、2人がソファーに座った状態からパンチラを見せつけてくるシーンです。そしてパンツ姿をおかずにしてオナニーを強要される展開へ。枢木あおいさんがピンク、渚みつきさんが紫のパンツで、正面からの映像も悪くないんですがお尻側が本当に絶景でした。

喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク

序盤はほぼ主観映像のような感じで2人のパンチラを眺められる展開が続くんですが、中盤になると主人公役の男優さんがメインっぽくなって、その両サイドから2人が責めるという展開へ。膝でおちんちんを刺激するシーンがありますが、角度がイマイチで枢木あおいさんのパンツが見えにくくなってしまうのが残念でした。

Mっ気の強い人には刺さるのかもしれませんが、エロイズム的には「2人の女優さんがしっかり服を着ていて、男優さんの裸を見せつけられる」っていう展開はあんまり好きじゃないんですよね。ここからは男優さんの主張が強くなるので、M男クンを見ても楽しめるっていう人におすすめです。

喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク

終盤は顔面騎乗や尻コキがあり、男優さんが窒息するんじゃないかってくらいお尻で圧迫されているシーンは見応えあり。最後は2人がお尻を向けながら手コキをしてくれるという展開になり、そのまま手コキ発射でフィニッシュ。

この時、男優さん自身が自分で自分の乳首を弄っていて、それも画角に収められるようにして撮影されているので、エロイズム的にはちょっとこの良さが分からなかったんですが、男優さんが自分の乳首をいじっている場面を見ても興奮できるという人にはありかも。

Scene2:掃除中のパンチラ誘惑から中出しSEX(枢木あおいパート)

喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク

なぜか義妹のパシリにされているような感じで、主人公が部屋の掃除をさせられる場面からスタート。最初は主観映像で進められますが、無防備な2人がパンツを見られていることに気付いた瞬間から俯瞰映像に切り替わります。ちなみにここではトロピカルな雰囲気の派手なパンツを着用していました。

喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク

2人からお尻を顔面に押し付けられ、どっちのお尻が好きかを選ばされるシーンは羨ましさがMAXではあるものの、そこまで魅力的には見えなかったです。2人のお尻の柔らかさがさほど伝わってこないのと、男優さんが苦痛の表情を浮かべているので、お尻を押し付けている場面よりも「付くか付かないか」の瀬戸際が一番興奮しました。

喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク

序盤で魅力的だったのは「枢木あおいさんが顔面騎乗するかしないかの瀬戸際のシーン」です。上記画像よりもローアングルから撮影されている場面があって、そこでは太ももの柔らかそうな雰囲気がばっちり味わえました。

にしても元々この主人公は2人のパンツを眺めていたわけで、そういうことに興味があるにも関わらず苦痛に顔を歪めているような表情をしているのはなぜ?上記画像を見ても「嫌なことをされている表情」なんですよね。こっちからしたら枢木あおいさんのお尻が味わえるなんて幸せだと思えるだけに、これは普通に不思議で仕方ないです。

喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク

2人のお尻を同時に堪能しながら、枢木あおいさんに対してはパンツを脱がせて手マンを開始。渚みつきさんのお尻を揉みながら枢木あおいさんのおまんこに指を出し入れするという贅沢プレイへ。しかも2人の口はおちんちんに向かってるっていうね。

挿入は枢木あおいさんの騎乗位からスタート。枢木あおいさんと騎乗位でハメながら、渚みつきさんに顔面騎乗されているシーンは非常に魅力的なんですが、真横アングル一辺倒っていうのが非常に残念です。「あれもこれも」っていうのは分かりますが、真横から見る騎乗位とかクンニって見える部分が限定的であんまり興奮しないんですよね。

喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク

挿入シーンは騎乗位→バック→騎乗位→正常位→背面騎乗位という流れで推移し、最後は中出しでフィニッシュ。

中盤の騎乗位では身体の向きを変えて結合部を見せるようにしてくれていましたが、壁際に設置されているベッド上で絡みが行われていて、騎乗位中に顔面騎乗位が行われるとなると必然的に真横アングルになるよなぁ…。枢木あおいさんのボリューミーなお尻の雰囲気や、結合部は我慢するにしてもお尻の割れ目はたっぷり見たかったのでここは残念です。

Scene3:勉強を中断して中出しSEX(渚みつきパート)

喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク

「勉強を中断して休憩→パンツを惜し気もなくオープンにする→主人公が覗き見する」っていう今までとほぼ同じ展開からスタート。2人ともブカブカのシャツ1枚っていうのがエロくて、たまにパンツが見えると得した気持ちになりますね。

序盤は乳首弄り・手コキ・フェラチオによる責め、中盤は顔面騎乗を始めとするお尻責めが行われます。2人の女優さんが顔とおちんちんに同時に向かっているので仕方ないものの、ずっと同じ角度からの映像が続くのは少し物足りなかったです。

喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク

主人公をソファーに座らせて責め立てるシーンでは、定期的に男優さんがお尻に手を伸ばしてお尻を揉んでいるのに、カメラがそれを撮りにいかないのがめちゃくちゃ残念!一応、揉んでいるのは分かる映像ではあるんですが、微妙に死角になってるんですよね。この2人の柔らかい尻肉を揉んでいる様子は、絶対に映像として収めて欲しかったです。

挿入は渚みつきさんの騎乗位からスタート。渚みつきさんが杭打ちをする一方で、枢木あおいさんがお尻を男優さんの顔面に押しつける展開が続きますが、これはずっと真横アングルのみ。2人が並ぶようになると正面からお尻を見られるようになるので、お尻が楽しめるという点ではここからが熱いです。

挿入シーンは騎乗位→背面騎乗位→前座位→バックという流れで推移し、最後は中出しでフィニッシュ。前座位のシーンでは枢木あおいさんが完全にフリーになってしまうのが勿体ないものの、渚みつきさんのお尻と結合部が楽しめる素晴らしいシーンでした。

Scene4:マッサージから始まる逆3P

喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク

制服姿の2人をマッサージする場面からスタートするんですが、パンチラが楽しめる以上に「太ももの柔らかさが堪能できる」ので、脚フェチの方にめちゃくちゃおすすめです。指が食い込む様子だったり、すべすべしそうな感触が伝わってきて非常に楽しめました。

マッサージが終わると主人公がソファーに座らされて痴女られる展開になるんですが、ここはScene1と似たような感じですね。裸の男優さんの前に四つん這いになって、カメラにはお尻を向けながらおちんちんと乳首を責めるという感じ。男優さんの足に跨って太ももコキをするシーンなんかは魅力的なんですが、この辺はモザイクが濃すぎて迫力減です。

喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク

ダブルで顔面騎乗があった後、それぞれに手マンとクンニをして責める展開になり、2人のおまんこを触り比べ&味比べへ。ぶっちゃけここはもう真横アングルなので、見ているこっちがおまんこを楽しめるっていうことは一切ありません。

挿入は枢木あおいさんによる前座位からスタートしますが、ここからはそれぞれに挿入するシーンが設けられています。床に行くと真横アングルになりますが、ソファーに座った状態でハメている分には結合部がしっかり楽しめて〇。ぶっちゃけ「ずっと前座位か後座位でハメ続けてくれないかな」と思ってしまったほど。

喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク

このシーンでは最終的に2人が全裸になってくれるんですが、枢木あおいさんにとっては唯一のおっぱい露出ポイントなのに、そのおっぱいがあまり見られないのは残念でした。渚みつきさんもブラジャーを取ってくれるのは最後の最後で、残り6分を切ってからなので「ちょっと遅い」と思ってしまいましたね。

最後は渚みつきさんに対して前座位から中出しでフィニッシュ。このシーンではお尻を揉んでいる場面も楽しめましたし、前座位のシーン限定で結合部も楽しめたのでかなり見応えがあったと思います。

「喘ぐんだったらウチらのぷり尻に埋もれてろっ!!義妹ギャル達の食い込みパンティに惑わされたみっともないボク」のトータル評価

  • 良かったポイント:お尻三昧、大量の無防備なパンチラ
  • 悪かったポイント:男優さんの苦悶の表情、全裸シーンの少なさ、真横アングル多め

枢木あおいさんも渚みつきさんも綺麗なお尻をしているので、このお尻で顔面騎乗される迫力は言うまでもないでしょう。というかTバック姿のお尻を眺めているだけでも幸せな気持ちになれます。

なのに男優さんは所々で苦悶の表情を浮かべており、監督さんの演技指導なのか何なのかは分かりませんが、これは明らかにシチュエーションにマッチしていないような気がしました。不本意に痴女られているならまだ理解できるんですけど、入り口は「主人公によるパンツの覗き」ですからね。それで痴女られて喜ばないのはおかしいでしょ。

あとは全裸シーンが少ないのも残念で、基本的に裸になるのは後半になってからですし、枢木あおいさんに至ってはおっぱいを見せてくれるのが最後のシーンだけっていうね。ずっと3Pで2人同時に相手しているということもあり、カメラアングルに幅が見られず、基本的に結合部が見えない真横アングルが多めなのは残念と言わざるを得ません。

枢木あおいさん・渚みつきさんが好きな人、とにかくお尻が楽しみたい人、逆3Pが好きな人にはおすすめですが、結合部を楽しめるのはほぼ前座位オンリーで、全裸を楽しめるシーンも限定的である部分は注意が必要です。

  • URLをコピーしました!
目次