「小悪魔挑発美少女 丘えりな」の感想・レビュー

小悪魔挑発美少女 丘えりな

「小悪魔挑発美少女 丘えりな」はセクシー女優・丘えりなさんが、様々なコスチュームとシチュエーションを生かして淫語を使いながらパンツを見せてくれるというAV作品(「小悪魔挑発美少女」)です。本作品は以下のような人におすすめします。

  • セクシー女優・丘えりなが好き
  • 女の子のパンチラ、パンもろが見たい
  • 女の子に挑発されたい

本作はパンチラ要素に振り切っている作品ですが、最後にSEXのシーンが1つ設けられている他、フェラ抜きなどのシーンも用意されています。ぶっちゃけパンチラ要素が6割・淫語が2割・その他が2割という感じで、普通のAVを求めている人が見ると「絡みが少なっ!」と思ってしまう可能性大です。

その代わり「丘えりなさんからパンチラ挑発されたい」って人には絶対に刺さります。本作に登場する衣装は制服が3つ、コスプレが3つ(スポーツウェア、アイドル衣装、アニメコス)、そして私服が1つです。丘えりなさんのムチムチの下半身と小悪魔挑発美少女の愛称は抜群で、とにかくパンチラ(太もも・お尻)を堪能したいという人におすすめします。

以下では本作品の感想・レビューをエロイズム的な観点から紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

「小悪魔挑発美少女 丘えりな」の概要

小悪魔挑発美少女 丘えりな
配信サイトFANZA
配信日2020/06/15
収録時間140分
メーカーMARRION
レーベルMCP
監督笠井貴人
シリーズ小悪魔挑発美少女
ジャンルハイビジョン、単体作品、パンチラ、淫語、痴女
女優丘えりな

投稿を表示

丘えりなちゃんが小悪魔挑発!パンチラを意識させながら淫語を駆使してアナタの目を釘付けにする。パンチラの衣装も女子○生の制服はもちろん、スポーツウエアやアイドル衣装、エッチな小説朗読や図書館での文学少女のパンチラなどさまざまシチュエーションでの悩殺ポーズが満載。人気のJOIコーナーもあります。あどなさが残るえりなちゃんのパンチラは悩殺必至です!

小悪魔挑発美少女 丘えりな

「小悪魔挑発美少女 丘えりな」のシーン別の感想・レビュー

Scene1:パンチラ挑発JOI

小悪魔挑発美少女 丘えりな

下半身のムチムチぶりが目を引く丘えりなさん。上記画像のように立った状態でスカートをめくってくれると、純白のパンツとそれに負けずとも劣らない色白の太ももが目に飛び込んできます。この太ももがめちゃくちゃムチムチしていて最高なんですよね。これはぜひとも足を開いて見せてほしいところですが、徐々にそういうポーズも取ってくれるのでご安心あれ。

シーンが変わるとスポーツウェア姿でバドミントンの素振りと腹筋ローラーを披露してくれます。バドミントンではお尻に食い込むパンツの様子や尻肉の揺れ具合がたまりません。腹筋ローラーは想像通り、お尻が近づいてくる展開が大迫力です。最後は保健室にてセーラー服でパンもろを見せつけてくれます。マジで肉厚な下半身が魅力的で、特に片足を上げているときやうつ伏せ状態でのお尻が最高に良き。最後のJOI×10カウントはM字開脚。

Scene2:地下アイドル撮影会後に特別個人撮影

小悪魔挑発美少女 丘えりな

撮影会っていう設定なんですがロケーションが教室で、エキストラというかファン役の男性が3人…もうちょっとお金かけてあげてくれー(もしくは設定見直してくれー)。前半は「他の3人にはローアングルからの撮影を注意し、主人公にだけパンチラを見せつけてくる」という展開で、後半はマンツーマンでの撮影会という感じ。

前半はどっちかと言えばローアングルからの映像が見たかったです。エキストラが丘えりなさんの足下からカメラで撮影し、その一方で主人公には普通にパンチラを見せてくれるって感じなんですが、一番見たいのはエキストラのカメラの映像なんですよね。ここがちょっとモヤる。

ちなみに後半は撮影会っていうよりも基本的には手コキのシーンと言って差し支えないです。丘えりなさんが手コキでサクッと抜いてくれます。一応軽くスカートもめくってくれてるんですがパンツはそこまで見えてませんし、フェラもなく手コキであっさり発射してしまうためやや消化不良かも。

Scene3:図書室で文系女子がパンチラ挑発

小悪魔挑発美少女 丘えりな

図書室とは言いながらもそれに似つかわしくないソファーに座り、足を開閉したり組み直したりしてパンツを見せつけてくるシーンから。服装から文系女子っていう判断は難しいような気がするんですが、ニットワンピのような上着のサイズがめちゃくちゃ小さいので、何かすればもうお尻丸出しっていうのが最高です。

見せようとしているわけでもない普通の姿勢がもう「ノーパン状態で彼氏のTシャツを着た彼女」みたいな感じになっててエロく、パンツ丸見え状態で足をクロスした際のお尻から太もものラインは超エロい!丘えりなさんが自分でお尻を撫でたりしているシーンがあるんですが、もうその手になりたかったくらい。特に発射などの分かりやすい終わりはなく、彼女が帰ってしまうとそのまま終了です。

Scene4:コスプレイヤーのパンチラ誘惑レッスン

小悪魔挑発美少女 丘えりな

コスプレは「カードキャプターさくら」かな?相変わらず元ネタを知らなくて申し訳ないんですが、丘えりなさんが最初に喋るセリフをネット検索したらそう書いてました(笑)。そしてまさかのハート型パンツっていうね。ぶっちゃけ序盤の展開としては目新しさはなく、これまでと似たような感じのことをこのコスプレで披露してくれるという感じ。

彼女自身がめちゃくちゃ童顔っていうこともあり、まぁ似合わないことはないんだろうけど…エロイズム的にはこのパンツが苺パンツみたいに見えて、そういう種類のパンツには興奮しないのでちょっと物足りなかったです。子供っぽく見えちゃうというか、逆に童顔の丘えりなさんにはセクシーなやつを穿かせたいって思っちゃう派なので。

小悪魔挑発美少女 丘えりな

後半は絡みに突入します。ブラジャーを外しておっぱいも見せてくれますし、パンツとおっぱいを見ながらオナニーするように指示されるっていう展開です。パンツにはそこまで興奮しませんでしたが、おっぱいにはばっちり興奮させていただきました。そこからは素股が始まって奇跡の素股発射に期待するも、普通にフェラ&手コキで発射です。

Scene5:文学美少女のエロ小説朗読とSEX

小悪魔挑発美少女 丘えりな

清純なイメージが漂う制服姿+真っ白なパンツは丘えりなさんにめちゃくちゃ似合ってますね。そして前作の「小悪魔挑発美少女 深田えいみ」から始まった朗読コーナーが本作にも採用されています。読んだ内容と同じことを披露するという設定は、確かにシチュエーションとしては嫌いじゃないけど…展開がゆっくりになるのがなぁ。でも朗読中に「パンティーをずらしてまんこを見せる」という文章が出た時の高揚感ったらないです(その後、実際にマンチラをしてくれます)。

そしてこの後は本作唯一のSEXシーンへ。なんか最近SEXシーンがそれっぽくなってきたというか、だいぶ普通のAVのSEX寄りになってきたような気が。もちろん良いことなんですけど、これまでは「パンチラ特化型のAVだし、どうせSEXシーンのクオリティは低いんだから要らない」って言ってたのが、ここまで普通に楽しめるようになってくると色々ブレてくる。おっぱいへの愛撫も丁寧だし、当初の雑なSEXシーンから考えると雲泥の差と言っていいでしょう。

もはや残念なポイントはパンツをずらして挿入するっていうこだわり一点のみ!まぁこれが致命的っていう説もありますが。しかし本作は違う!なんと騎乗位が終わった後でパンツを逃がして片足に残したまま、バックでハメるという奇跡が起きました。丘えりなさんのボリューミーなお尻にバック…これこそ夢見てきた光景です。本当にありがとう。

「小悪魔挑発美少女 丘えりな」のトータル評価

まず驚いたのは最後のSEXシーンですね。多くの視聴者が「パンツ特化型の維持があってパンツを残したいなら、片足に残せばいいんじゃないの?」って思っていたはず。それがようやく実現しました。丘えりなさんのムチムチのお尻にバックで突く、これをパンツを脱がした状態で堪能できたっていうのはシリーズファンの一人として非常に感慨深いです。

さて、本作は構成が大きく変わって最初の追いかけっこシーンがなくなり、JOIに舵を切ったというか「移動をなくしてパンチラの時間を増やした」というような感じになりました。ぶっちゃけ追いかけっこからのパンチラはほぼ後ろからに限定されてしまうので、今回のこの試みは非常にパワーアップしたと言っていいと思います。そして前作で衝撃を受けたマンチラもしっかり継承済みです。

不満点はなんだろ…。「嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい」のコーナーが無くなったのは個人的にショックで、あとは直下型パンチラが少なかったことくらいですかね。あとシチュエーションにこだわれないならフェラ抜きのシーンはいらないかなぁ。本作で言えば2つ目のフェラ抜きは絶対に素股の方が良かったし。

正直、丘えりなさんが童顔かつムチムチ系の女優さんなんで、狙ってる層は結構限定的だと思うんですよね。私服もコスプレも可愛い系に寄っちゃうし、何ならパンツもセクシー系じゃなくて可愛い系が多かった気もしますし…でもそういう部分に譲れないこだわりが無いのであれば本作は普通におすすめです。

  • URLをコピーしました!
目次