「小悪魔挑発美少女 東條なつ」の感想・レビュー

小悪魔挑発美少女 東條なつ

「小悪魔挑発美少女 東條なつ」はセクシー女優・東條なつさんが、様々なコスチュームとシチュエーションを生かして淫語を使いながらパンツを見せてくれるAV作品です。本作品は以下のような人におすすめします。

  • セクシー女優:東條なつが好き
  • 女の子のパンチラ、パンもろが見たい
  • 女の子に挑発されたい

本作はパンチラ要素に振り切っている作品ですが、最後にSEXのシーンが1つ設けられている他、フェラ抜きなどのシーンも用意されています。ぶっちゃけパンチラ要素が6割・淫語が2割・その他が2割という感じで、普通のAVを求めている人が見ると「絡みが少なっ!」と思ってしまう可能性大です。

その代わり「東條なつさんからパンチラ挑発されたい」って人には絶対に刺さります。本作に登場する衣装は制服が6つ、コスプレが1つ(アニメコス)です。

エロイズム的には「唯一のSEXシーンでパンツを穿いたままの挿入」っていう時点で諸手を挙げて喜ぶってことはできないんですけど…。まぁ細かい部分の不満は後述しているのでそっちを読んでもらうとして、全体的には東條なつさんの可愛い制服姿が楽しめる作品に仕上がっていると思いました。

以下では本作品の感想・レビューをエロイズム的な観点から紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

「小悪魔挑発美少女 東條なつ」の概要

小悪魔挑発美少女 東條なつ
配信サイトFANZA
配信日2020/12/27
収録時間136分
メーカーMARRION
レーベルMCP
監督笠井貴人
シリーズ小悪魔挑発美少女
ジャンルハイビジョン、単体作品、パンチラ、淫語、女子校生
女優東條なつ

夏服・冬服・ブレザーの制服を着てパンチラ挑発する可愛い東條なつちゃん。チラチラ見えるパンティーに興奮してところでJOIでオナニー誘導!書道では足を組んでのパンチラで挑発されては手コキフェラでイかされる。アニコスパンチラで妄想昇天!勉強の最中にたまらず挑発してはそのまま教室でのズラパンSEXで大発射!

小悪魔挑発美少女 東條なつ

「小悪魔挑発美少女 東條なつ」のシーン別の感想・レビュー

Scene1:3種類の女子校制服パンチラ挑発&JOI指導

  • 1着目:紺のブレザー、赤×茶×白のチェックのスカート、白パンツ、紺ソックス
  • 2着目:セーラー服(青タイ)、白パンツ、紺ソックス
  • 3着目:紺のカーディガン、グレーのスカート、白いパンツ、紺ソックス
小悪魔挑発美少女 東條なつ

最初は非常に控えめなパンチラで、基本的に東條なつさんがスカートをめくってくれないと見えないってくらいのやつ。ここから徐々にエスカレートしていきます。

椅子に座って片足上げ、M字開脚などのポーズを取ってくれるとパンもろのシーンが続くので〇。

ただ、ずっと同じような角度っていうのが残念ですね。確かに正面からの映像は申し分ないんですが、お尻を楽しめるバリエーションが少なかったです。

小悪魔挑発美少女 東條なつ

最近定番のフラフープ、縄跳び、ボール遊び、ストレッチという展開です。フラフープのお尻側をローアングルで撮ったところは〇。ただ、スーパースローが採用されているシーンがちょっと物足りなかったかなぁ。どうせならもっと低い位置から撮影したやつを見せて欲しかったですね。

ボール遊びはあざとさ全開で、ボールをキャッチした後で必ず転がってくれるのでパンツが丸見えになります。エロイズムのおすすめは仰向けになってお尻を見せてくれるシーンです。長らくこれを待ってた!

でもスカートをめくってくれるわけではなく、自然と見えているパンチラっていう程度で時間も短いのが残念。最後は跳び箱に座って、M字開脚からしっかり見せつけてくれます。

小悪魔挑発美少女 東條なつ

パッケージ画像にもなっている服装で、パンツを見せつけながらのJOIへ。正面からだけじゃなく、後ろからの見せつけが多めなのでお尻を楽しみたい人にはおすすめです(突き出してるのでムチムチ感はちょっと薄め)。

中盤以降はJOIメインの展開になり、パンチラよりも淫語や手コキポーズがメインになります。ラストの10カウントはベンチでM字開脚でした。

Scene2:女子校生は小悪魔書道家

小悪魔挑発美少女 東條なつ

東條なつさんは習字が得意と公言してるだけあってめちゃくちゃ上手い!

よくありがちな「実際に書いてるシーンは見せずに顔をアップして映し、次に半紙を映す頃にはめちゃくちゃ上手な字が…」みたいなことじゃなく、しっかり書いているところを見せてくれています。ただ、上手なのは分かったから書道よりもパンチラをもっと多めにお願いしたい。

そして偏見かもしれないんだけど、書道家がこんな派手なパンツ穿くかーっ!あれか?逆にこういうやつの方が興奮する的なやつか?いずれにしても習字に没頭していて無防備になっているお尻の眺めは絶景です。

おすすめなのは主人公が習字をしている最中に、立ち膝を付いてパンツを見せてくれるシーン~足コキのシーンまでの間のパンチラです。最後は手コキ発射。

Scene3:図書室で挑発パンチラ女子

小悪魔挑発美少女 東條なつ

図書室にてわざとらしくパンチラしながら本を探す東條なつさん。魅力的な素材はゴロゴロ転がってるんですが、基本的には主人公の位置が定点っぽくて、水平アングルからしか楽しめないっていうのが残念ポイント。

脚立みたいなのを使って上の棚を探すシーンがあるんですが、こういうのは真下から見てこそでしょ。せめて主人公も本を探しに行くフリをしたりして、色々なアングルから楽しませてくれれば良かったのに…。

ちなみに最初から最後まであからさまに見せつけてくるっていうシーンが多く、最後の最後にはV字開脚まで披露しちゃうアレなんでリアリティは全くありません。

エロイズム的には「図書室でのリアルなパンチラ」みたいなシチュエーションが大好きなんですが、そっちに寄せずに明らかな挑発方向で行くなら「黙ってその場で見てるだけじゃなく、色んな角度で見てほしい」っていうのがあるんですよね。

東條なつさんは色んなバリエーションでパンチラしてくれているわけですから、カメラ側が動いて色々やって欲しかったです。さすがに中距離からのほぼ定点撮影だとあんまり興奮できません

Scene4:アニメコスプレ挑発

小悪魔挑発美少女 東條なつ

元ネタは恐らく「フルーツバスケット」の本田透と思われます。上下が鮮やかなブルーに黄色い髪飾りが特徴的で、パンツはピンクのハート柄でした。ぶっちゃけ前半については今までの展開と大差ないので、このコスプレやパンツが刺さるって人ならこっちを楽しめばいいし、そうでもなければScene1で事足りるでしょう。

後半には「呪いを解いてあげます」みたいに言われて、挿入なしの軽い絡みに発展します。途中の素股は見応え抜群で、まさかの胸チラで乳首まで披露。この時点でおっぱいを見せてくれるパターンって過去作にはほとんど無かったと思うので、この意外な展開は激熱でした。

そして毎回思ってる気がするんですが「このまま素股で抜いてくれないかなー」と期待するも今回も叶わず、最後はフェラチオで呪いを浄化してもらってからの手コキ発射です。

Scene5:小悪魔挑発授業

小悪魔挑発美少女 東條なつ

途中までは主観映像で展開されるんですが、字幕じゃなくて普通に男優さんが喋るので音量注意

先生に勉強を見てもらうっていう設定なのかな?目の前の先生に対してパンチラ挑発をするという展開です。英文を読み始める頃にはもうパンもろのオンパレードで、もはやパンチラじゃないっていうね。エロイズム的には絡みが始まる前のまんチラのシーンが最高でした。

小悪魔挑発美少女 東條なつ

挿入は相変わらずのパンツずらしです。たぶんこれパンチラ好きの人の中の一定数は「パンツを穿いたままのSEXがめちゃくちゃ刺さってる」って感じなんだろうなぁ。

一時期はパンツを脱がして片足に残したままのSEXだったんですが、残念ながらそれがもう無くなっちゃったので、もしかするとコアなファンからクレームとかあったりして。エロイズム的にはこのパンツ残しのSEXが全然興奮しなくて、特に背面騎乗位とかバックでパンツに覆われてる映像を見ても全く興奮しないんですよね。

なので「こんなSEXシーンに10分も20分も使われるくらいなら、パンチラ・パンもろのシーンを1つでも多く撮ってほしい」って思うんだけど、もしかしたらこっちが少数派なのかもしれません。最後は正常位からパンツに発射してフィニッシュ。

「小悪魔挑発美少女 東條なつ」のトータル評価

書道設定は良い・悪いは別にして、斬新なシチュエーションで面白かったです。「字は書けないのにマスはかけるのね」みたいな面白いセリフもあったりしてエロイズム的には嫌いじゃありません。

立ち膝をついてパンツを見せてくれるシーンは正面・後ろの両方からパンもろが楽しめるし、分かりやすく興奮できるシーンだと思います(パンツの好みは分かれるだろうけど)。

ぶっちゃけそれ以外で「ここ良かったなぁ」っていうシーンは、SEX前のまんチラくらいしか記憶になくて、それ以外は普通に楽しめたっていう感じ。ただ、相変わらずSEXシーンは全然興奮しなかったし、多分もう見ないってくらいにイマイチでした。

これはもうエロイズム自身が「パンツを穿いたまま、それをずらしてSEX」っていうシチュエーションを嫌っているので仕方ないですね。東條なつさんは制服姿も似合ってて可愛かったし、彼女のファンなら夢中になって楽しめると思います。

  • URLをコピーしました!
目次