「小悪魔挑発美少女 倉本すみれ」の感想・レビュー

小悪魔挑発美少女 倉本すみれ

「小悪魔挑発美少女 倉本すみれ」はセクシー女優・倉本すみれさんが、様々なコスチュームとシチュエーションを生かして淫語を使いながらパンツを見せてくれるというAV作品(「小悪魔挑発美少女」)です。本作品は以下のような人におすすめします。

  • セクシー女優・倉本すみれが好き
  • 女の子のパンチラ、パンもろが見たい
  • 女の子に挑発されたい

本作はパンチラ要素に振り切っている作品ですが、最後にSEXのシーンが1つ設けられている他、フェラ抜きなどのシーンも用意されています。ぶっちゃけパンチラ要素が6割・淫語が2割・その他が2割という感じで、普通のAVを求めている人が見ると「絡みが少なっ!」と思ってしまう可能性大です。

その代わり「倉本すみれさんからパンチラ挑発されたい」って人には絶対に刺さります。本作に登場する衣装は制服が5つ、コスプレが2つ(チアガール、スポーツウェア)です。倉本すみれさんの演技力は非常に自然で馴染んでいたこと、それからパンチラの中にハミ毛があったりしてお得感があることなどが大幅に高評価でした。…もちろん良いことばかりではないですが。

以下では本作品の感想・レビューをエロイズム的な観点から紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

「小悪魔挑発美少女 倉本すみれ」の概要

小悪魔挑発美少女 倉本すみれ
配信サイトFANZA
配信日2022/06/04
収録時間140分
メーカーMARRION
レーベルMCP
監督笠井貴人
シリーズ小悪魔挑発美少女
ジャンル4K、ハイビジョン、独占配信、単体作品、淫語、パンチラ、女子校生
女優倉本すみれ

エロ可愛い美少女が無邪気に、そしてエッチに見せてくれる小悪魔挑発美少女シリーズ。今回は満面の笑みが小悪魔チックな美少女のすみれちゃん。こんな美少女がたくさんの制服やコスプレをしながらパンチラポーズ、オナニー指導など小悪魔になりきって貴方を挑発してくれます。

小悪魔挑発美少女 倉本すみれ

「小悪魔挑発美少女 倉本すみれ」のシーン別の感想・レビュー

Scene1:3種類の女子校制服パンチラ挑発&JOI指導

  • 1着目:グレーのブレザー、紺のスカート、白いパンツ、紺ソックス
  • 2着目:グレーのセーラー服(赤タイ)、グレーのスカート、白いパンツ、紺ソックス
  • 3着目:グレーのカーディガン、青系のチェックスカート、白いパンツ、紺ソックス
小悪魔挑発美少女 倉本すみれ

最初は教室でブレザー姿の倉本すみれさんが色々なポーズからパンチラを披露してくれるシーンから。序盤は片足上げなんかのポーズでも典型的なパンチラという感じで、表面積的にはあまり見せてくれない感じが逆にそそります。これが後半になると大胆なポーズになるんですが、パンツで隠しきれていない毛がめちゃくちゃエロい!

小悪魔挑発美少女 倉本すみれ

セーラー服に着替えた後は運動のコーナーです。フラフープ、縄跳び、トランポリンを披露してくれます。エロイズム的にはこのコーナーがそこまで好きじゃなく、しいて言えば「フラフープに夢中になっているところをローアングルから覗く」っていうのが好きなんですが、これはフラフープをずっと継続してもらうっていう前提ありきなので今回はちょっと残念。

喋り方や仕草が自然体で、楽しんでいる感じがめちゃくちゃ伝わってきました。まるでこの場で倉本すみれさんと一緒にはしゃいでいるような感覚っていうのかな。ここに関しては過去シリーズ作の中でもトップクラスじゃないかと思います。

小悪魔挑発美少女 倉本すみれ

運動が終わると跳び箱の上で休憩しながら、パンもろ率が高めの展開へ。アップになると陰毛が若干はみ出ているのが確認できて見応えはばっちり!残念だったのが直下型アングルが無かったことです。いつもなら跳び箱の上に立って真下から見上げてくれる感じで見せてくれるのに…。

運動コーナー終了後はカーディガンに着替え、煽り全開でパンもろを披露してくれます。ベンチに片足を上げた状態は素晴らしいんですが、これを見れば見るほど真下から見たかった感が増長されるっていうね。後半は顔のアップとJOI展開(手コキのジェスチャー)です。こうなるとパンチラは無くなってしまうので、JOIが好きな人以外には無用な時間かも。ラスト10秒はベンチに座った状態から片足上げての開脚。

Scene2:意地悪JKと医者

小悪魔挑発美少女 倉本すみれ

男性キャストの裸からスタートするっていう嫌がらせがあります。てか男優さんが上半身裸になったり下半身を露出したりするのに、女優さんが全く脱がないってのは斬新だなぁ。あと倉本すみれさんの演技が上手いってことの裏返しにはなるんですが、意地悪JKというよりも嫌な奴すぎる(笑)。これは本物のMの人には刺さるかもしれないけど、エロイズムからすると嫌な奴にしか見えなかったです。

後半は医者役の男性を足コキする展開へ。いつものベージュズボンなので医者っぽさがないのは気になりますが、ここからはノイズが一気に増えます。パンツばかりを映すシーンが減る代わりに、挑発をする倉本すみれさんの表情を映すならまだ全然良くて、男性のおちんちんを映すことが多くなるっていうね。最後はフェラチオで発射。

Scene3:照れながらパンツで挑発されたい

小悪魔挑発美少女 倉本すみれ

毎試合ハットトリックを決めるというストライカーの先輩にお願いされて、スパッツを脱いで応援するシーン。応援シーン自体は足が綺麗に上がっていることもなければ、ばっちりパンツが楽しめるアングルで撮っているって感じでもないので普通かも。こういうチアリーディング衣装が好きな人になら刺さると思います。

おすすめは中盤以降、ダンスが終わってからのパンツ見せつけシーンからです。立った状態でスカートをめくってお尻を見せつける部分では、Tバックということもあってお尻が丸見えで良き。倉本すみれさんはスレンダーな女優さんですが、お尻はちゃんと肉付きがあって良いんですよね。

小悪魔挑発美少女 倉本すみれ

最後はパンツを思いっきり見せつけながらの応援シーンです。股間をアップにするシーンでは隠しきれていない陰毛が見えるので、ここも剛毛マニアにはおすすめ。ちょっと「ジョウナン高校」に思い入れがないこっちとしては、応援の掛け声がノイズのような気がしないでもないけど…たぶん監督さんの出身がそうなんでしょう(ちなみにチア系のシーンでは過去作すべてがジョウナンです)。

Scene4:追試の勉強でご褒美

小悪魔挑発美少女 倉本すみれ

倉本すみれさんに勉強を教わってるシーンです。小悪魔挑発美少女が初見の視聴者さんなら気にならないかもしれませんが、ある程度見てきた人間からすると普通に会話をしている男性の声が気になるかも。さすがにエロいシーンでは発言しなくなるんですが、だったら最初から喋らないで字幕でやってくれって感が強いです。このシリーズは本当にこういうのが多い。

小悪魔挑発美少女 倉本すみれ

後半は倉本すみれさんがパンもろを披露→それを見ながら男性がオナニーするって感じなんですが、ぶっちゃけScene2の医者みたいな感じ。まだScene2はフェラチオっていう大義名分があったんでアレですが、ここはセルフ手コキで勝手に果てるので入り込む必要はないはず。画面には彼女がパンチラをしている姿を映してくれればそれだけでいいのに、画面の左隅におちんちんを入れてくるという嫌がらせよな(もはや監督さんがそういう性的趣向っていう可能性まである)。

Scene5:バレー部マネージャーのマッサージ

小悪魔挑発美少女 倉本すみれ

今度はバレー部のマネージャーに扮し、男子部員をマッサージしてあげるという展開です。そして出ました謎の粉。以前「小悪魔挑発美少女 愛花あゆみ」でも出てきたんですが、マッサージをするのにパウダーまで使ってやる必要ある?適当な理由をつけてオイルを塗るとか、それこそ「保湿が大事なんです」みたいなテイでローションを塗るとかならまだ笑えるんですが、謎の白い粉は色々と勘繰っちゃうのでエロイズム的にはノイズでしか無かったですね。

ちなみにSEXシーンの直前にマンチラがあるものの角度が劇的に残念。そのまま騎乗位で挿入って流れなので仕方ないっちゃ仕方ないんだけど、どうせマンチラするならカメラの前でM字開脚から見せるとかして、仕切り直して騎乗位を始めてくれれば良かったのに。いずれにしても立ち膝みたいな状態でマンチラされても何も見えないです(まして剛毛が売りの女優さんなので)。

小悪魔挑発美少女 倉本すみれ

SEXシーンはシリーズ毎回恒例のパンツずらしSEXです。もう毎回同じことなので特記事項はありません。

「小悪魔挑発美少女 倉本すみれ」のトータル評価

倉本すみれさんと同様に下の毛が剛毛で有名な百瀬あすかさんが登場したときは、パンチラのシーンでは全く剛毛が堪能できなかったんですよね(「小悪魔挑発美少女 百瀬あすか」)。それが本作では少しだけどハミ毛が見られたので、ここに関しては剛毛派にはおすすめ。

あと全体的な演技の自然っぷりは非常に良かったです。話しかける感じが演技っぽくないというか「あーこういう子いるよね」っていう感じ。親しみやすさがあって違和感なく楽しめるっていうのは、このシリーズではあまり味わえない感覚だったように思います。ただ、男性キャストが総じてオーバーアクションの挙動不審なので相殺されるような気がしないでもないけど。

イマイチなポイントは毎回同じ部分です。無駄に男性が登場するのが邪魔だとか、パンツを穿いたままのSEXがイマイチとかそういうやつ。特に本作のラストシーンはマンチラも不発で前半部分もおすすめできません。倉本すみれさんのファンなら楽しめると思いますが、そうでもなければ別作品をおすすめします。

  • URLをコピーしました!
目次