「一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 小島みなみ」の感想・レビュー

一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 小島みなみ

「一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 小島みなみ」はセクシー女優・小島みなみさんが主人公の浮気相手として、1ヶ月間の禁欲生活を経た後、本命彼女が不在の間に主人公とハメまくってしまう設定のAV作品です。本作品は以下のような人におすすめします。

  • セクシー女優:小島みなみが好き
  • 小島みなみさんと恋人になったような疑似体験がしたい
  • 付き合いたての同棲カップルのようなエロい生活を堪能したい

本作はシリーズ4作目に該当しますが、これまでのシリーズ作品とは基本的な構造が結構変わっていて、登場人物たちも一気に大人になったような感がありました。大人になった分、NTR要素がちょっと強めになったり、恋愛要素がビターになった部分があるものの、ドラマとしてはちゃんと成立していて見応えがあったと思います。

一方でエッチな場面では部屋の明るさが気になるシーンが多く、この辺はちょっと物足りなかったです。でも挿入シーンが始まった直後に潮吹きがあったり、小島みなみさんの積極的な絡みは見応えがあったので、ドラマ系AVが好きな人や小島みなみさんのファンの方にはおすすめしたい作品ですね。

以下では本作品の感想・レビューをエロイズム的な観点から紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

「一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 小島みなみ」の概要

一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 小島みなみ
配信サイトFANZA
配信日2022/04/08
収録時間115分
メーカーエスワン ナンバーワンスタイル
レーベルS1 NO.1 STYLE
監督大崎広浩治
シリーズ一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。
ジャンルハイビジョン、騎乗位、ドラマ、NTR、スレンダー、ギリモザ、キス・接吻、独占配信、4K、単体作品
女優小島みなみ

会社の元同期で彼女の「ゆきの」と親友「みなみ」と同じ屋根の下で暮らし始めたが、うだつが上がらないフリーターのボクに愛想を尽かし他の男へ目移りする彼女。密かに好意を抱くみなみへ乗り換えようとするが「本当に好きなら…ゆきのが研修に行くまでの1ヶ月我慢して」想いを証明するために互いに禁欲生活…。彼女が‘不在’になった瞬間に性欲が爆発!我を忘れてみなみと獣のように貪り合った禁断の略奪愛憎ドラマ。

一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 小島みなみ

「一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 小島みなみ」のシーン別の感想・レビュー

Scene1:プロローグ

一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 小島みなみ

主な登場人物は主人公、主人公の彼女、主人公の彼女の友達(小島みなみさん)の3人。本作はシリーズ4作目に当たるんですが今までとは作風が大きく変わっており、主に「登場人物が全員社会人、登場人物が同じ屋根の下の住人、登場人物たちの感情」という点で異なっています。

これまでは主人公が明確に本命彼女から気持ちが離れているケースは少なく、今回のような「主人公もその彼女もお互いを向いていない」というケースは初めてです。

まぁ早い話が「本命彼女の冷たい態度から終焉を感じ取った主人公が、同居人の小島みなみさんが自分に思いを寄せていることに気が付いて乗り換えようとするも、小島みなみさんの方から条件として1ヶ月の禁欲生活を命じられる」という感じ。

Scene2:禁欲生活7日目&15日目&30日目

一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 小島みなみ

禁欲生活が続きすぎて、主人公が辛抱たまらなくなっている様子が伺えるシーンです。朝勃ちに関してはまぁ仕方ないにしても、パンツ1枚で寝ている主人公を同居人が起こしに来るっていう謎の関係性よな。

そして15日目の時点では、何とかオナニーくらいは許可してもらおうと交渉に行く場面も。洗濯物を畳んでいる小島みなみさんのところへ行っておちんちんを見せつけたり、おまんこを見せてくれるようにお願いしたり…。この一連の展開はちょっと不自然に感じましたが、禁欲しすぎて頭がおかしくなってると思えば問題ないかも。

あとは禁欲最終日、本命彼女が研修に行く前日の夜中に眠れず、リビングで会う2人という感じのシーンです。ぶっちゃけこれらのシーンでは軽くキスをするくらいで過度なボディータッチはなく、少しだけおまんこを見せてくれるシーンはありますがエッチな場面はほとんどありません。

Scene3:禁欲生活31日目の朝

一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 小島みなみ

本命彼女が出張に行くやいなや、すぐさまSEXが始まります。

1ヶ月間の禁欲生活があったということもあり、速攻で全裸にひん剥いて交わっていくのかと思いきや、意外とずっと服を着たままキスを中心に楽しむという感じからスタート。そして玄関からベッドに場所を移すと、加速的にエッチな方向へ。

一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 小島みなみ

ベッドではすぐにお互いが服を脱いで、クンニやフェラチオでお互いを求め合うような感じから始まるんですが、まず部屋がちょっと暗いのが気になりました。

玄関の時は夕暮れと錯覚してしまうくらい光が差し込む明るさだったのに、寝室では微妙にカーテンが閉められていて、暗いとは言わないまでも朝の割には明るくないという感じ(曇り空みたいなイメージ)。

一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 小島みなみ

挿入は正常位からスタートするも、序盤は密着感がとにかく強くてモザイクいらずのドラマ的なカメラワークが目立ちます。

途中、後ろに手を付いた対面座位のような体勢になってからの挿入シーンでは、小島みなみさんがおちんちんの先端だけを自分のおまんこに出し入れしているんですが、自分で気持ち良い部分に当てながら潮吹きしている様子を見せてくれるので要チェック!

一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 小島みなみ

挿入シーンは正常位→対面座位→騎乗位→バック→対面座位→正常位という流れで推移し、最後はお腹の辺りに発射してフィニッシュ。

結合部はあまり見せてくれない感じのカメラワークなので、結合部を楽しみたいなら潮吹きをしている前半の対面座位か、最後の正常位がおすすめです。最後の正常位では小島みなみさんのおっぱい揺れも楽しめますし、乱れている感じの表情も最高でした。

Scene4:禁欲生活31日目の中間ダイジェスト

一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 小島みなみ

最初のSEXが終わった後の入浴タイムでしょうか。泡風呂に入りながらイチャイチャする2人の姿が楽しめるんですが、エロイズムの大好きな「お風呂に入りながら彼氏が彼女の背中側からおっぱいを揉むシーン」になった瞬間にシーンが変わってしまうのが非常に残念でした。

そして主人公は全裸、小島みなみさんは全裸にシャツ1枚という服装のまま、2人でリビングでイチャつくシーンへ。そこで頼んでいたピザが届き、それを食べている最中にSEXが再開されるという感じです。ちなみにここで本当に挿入しているかどうかは不明ですが、思い立ったら即挿入みたいな関係性や雰囲気は〇。

Scene5:禁欲生活31日目の夜のSEX

寝室のソファーでスマホが鳴っているのを無視しながらSEXに没頭するシーンです。見ているこっちとしては「もしかして連絡してきているのは本命彼女なのでは?」というのが一瞬よぎるも、とにかくお互いを求め合う濃厚なSEXが展開されているので完全無視という感じでした。

ここは最初のSEXシーンと場所は同じで窓から差し込む光がなくなった分、部屋は少し暗くなっています。相変わらずカメラワークも全身・表情のアップ・真横アングルを多用している印象を受けました。たまーにおまんこ周辺も映してはくれるんですが、これじゃ全然足りないです。

挿入シーンは騎乗位から始まり、始まって速攻でまたおちんちんの先端だけを出し入れしながらの潮吹きがあります。暗くて日中ほど鮮明に見えないのはがっかりですが、掴みはOKという感じのシーンでした。この後は足をぱっくり開いて結合部を見せつける騎乗位へと進み、ここでは小島みなみさんの表情・おっぱい、結合部がばっちり堪能できるので文句なし!

挿入シーンは騎乗位→正常位という流れで推移し、最後は正常位からお腹に発射してフィニッシュ。すぐさま二回戦が始まり、正常位→バック→正常位という流れで推移し、最後は顔射→お掃除フェラでフィニッシュ。こっちはバックで結合部が見えるシーンと、挿入中の潮吹きが用意されていました。

Scene6:早朝SEX

おはようのキスから、すぐに小島みなみさんが覆いかぶさってキスをするような展開からスタート。

そしてそのまま騎乗位から挿入開始です。ちなみにここはダイジェストっぽい扱いとなっており、発射シーンも用意されていませんし、挿入してるようなしてないような…って感じのシーンでした。

Scene7:最後のSEX

一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 小島みなみ

本命彼女がそろそろ帰ってくるという時間帯での最後のSEXです。エロイズム的には「この2人は付き合うんじゃないの?」と思ってたんですが、どうやら小島みなみさんの中ではワンナイトラブ的な感じだったんですかね。そしてここでは夕暮れ時のリビングの中でのSEXシーンとなっており、暖色背景が強めでこれまたまともに裸が楽しめないなぁという感じ。

例えば序盤にある手マン潮吹きのシーンではカメラアングル自体は素晴らしいんですが、窓の光を背負うようにして小島みなみさんが立っていて、逆光で見えにくい&おまんこ部分が影になっているんですよね。窓際で立ちバックなんかされると顕著で、結合部くらいの高さは全部影になってしまうのが劇的に物足りなかったです。

一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 小島みなみ

挿入シーンは立ちバック→片足上げ対面立位→正常位→騎乗位→対面座位→正常位という流れで推移し、最後はおっぱいに発射→お掃除フェラでフィニッシュです。立ちバックにはまた潮吹きが用意されていて、片足上げ対面立位はお尻は楽しめるものの、やはり影になっているせいで結合部はそこまで楽しめず…という感じ。

最後、ドラマ部分を締めくくるエンディングがあります。エロイズムの予想とは違いましたが、これはこれで一つの形と思える展開だったので良き。

「一ヶ月間の禁欲の果てに彼女の親友と僕が浮気SEXだけに没頭した彼女不在の2日間。 小島みなみ」のトータル評価

シリーズ4作目にしてまたパターンが大幅に変わってきたなぁという印象です。見る人によって合う・合わないは出てくると思うんですが、エロイズム的にはシリーズ1作目と3作目の展開が大好きだったので、それを少しだけ小島みなみさん風にアレンジしてもらえた方が嬉しかったですかね。

肝心のエッチの内容については、ほとんどまともな明るさでのSEXシーンがなかったのが残念でした。日中もカーテンを閉めて軽く暗くするように微調整してたり、最後のシーンも完全に夕焼けでしたし…。たぶんカメラワークはそれなりにエッチな映像を撮ろうとしたモノだったのかもしれませんが、明るさが足りなくて物足りなく感じてしまいましたね。

キラキラしたような恋愛ドラマではないものの、大人っぽさやほろ苦さのある恋愛ドラマっぽくて〇。小島みなみさんのファンの方や、逆NTR展開が好きな人におすすめです。

  • URLをコピーしました!
目次