「根尾あかりの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX」の感想・レビュー

根尾あかりの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX

「根尾あかりの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX!」はセクシー女優・根尾あかりさんが、素人男性を相手にセクシー女優としての凄テクを披露する素人感謝祭的な企画AV作品です。本作品は以下のような人におすすめします。

  • セクシー女優・根尾あかりが好き
  • 根尾あかりさんが素人とSEXしている様子が見たい
  • AV女優って本当に凄テクがあるのかどうかが知りたい
  • 企画モノ、素人参加企画型のAVが好き

本シリーズは今となっては大人気となっているAVシリーズの一つですが、セクシー女優さんが素人男性を相手にテクニックを披露し、10分以内に射精に導けるかどうかというもの。シリーズ73作品目は根尾あかりさんです。

良く言うと素の部分が溢れていて、頻繁に笑顔を見せてくれるという印象を受けました。ただ、これを見て「笑顔が素敵で可愛い」と思う人もいれば、逆に「笑いすぎてエロく見えない」となる人も出てくるでしょう。エロイズムの場合は後者だったので、あまりエロい目線では楽しめなかったですね。

以下では本作品の感想・レビューをエロイズム的な観点から紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

「根尾あかりの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX」の概要

根尾あかりの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX
配信サイトFANZA
配信日2020/07/24
収録時間193分
メーカーワンズファクトリー
レーベルWANZ
監督
シリーズ我慢できれば生中出しSEX!
ジャンルハイビジョン、独占配信、手コキ、中出し、ファン感謝・訪問、痴女、単体作品、美少女
肩書きネガティブ南国クイーン
女優根尾あかり

南国からやってきた激カワ娘・根尾あかりが凄テク第73弾に登場!!ほどよい日焼け肌にアイドル級の笑顔が眩しすぎる!!しかし男を惑わす逆NTRの天才のはずが実は人見知りで…?シリーズ史上もっともウブな姿は必見!!緊張しててもヌいてくれるのが売れっ子だ!!乳首舐め手コキ・上目づかいフェラ・さらには足コキ!!後半戦では言葉責めする一面も!?こんな美少女に迫られて射精を我慢できる勇者はいたのか!?

根尾あかりの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX

「根尾あかりの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX」のシーン別の感想・レビュー

1人目:金玉の裏が弱いニッチなお兄さん

プレイ前の恥ずかしがり方が新鮮でした。本作品に出演する女優さんの多くは、キャリアが浅かったとしても堂々としている人が多く、デビュー作ばりに恥ずかしがっているパターンは初めてのような気がします。最初、ずっと照れ笑いしてばっかりでした。

おっぱいを触った瞬間にニヤけ顔になった男性。明らかに発射チャンスだったと思いますが、緩めの手コキと照れ笑いで完全にチャンスを逃してしまった根尾あかりさん。

要領がわからず男性に服を脱がしてもらっていたものの、ここでも若干の時間ロスがありつつ…。「こりゃクリアだな」と思った矢先に、ギリギリ滑り込みの手コキで発射となりました、記録は9分56秒。

2人目:我慢汁ダラダラの白ぽっちゃりくん

根尾あかりの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX

上記画像を見てください。ナンパのシーンのサンプル画像なんですが、明らかに変な写真だと思いませんか?…そうなんです、男性は確実にかつらを装着していると思われます。この切り取り方は明らかに作為的でしょ。

恐らく「髪型で過去シリーズ作への出演がバレてしまうのを防ぐ」等の理由によるものだと思われますが、頭を映さないことに全力を出しすぎていて逆に不自然で気になりました。ちなみにかつらであることを隠さないパターンもあって、この辺のさじ加減は70作超をすべて見てきたエロイズムにも分かりません。

最初の10分間は基本的にはノーカットなので、シャツを脱ぐ際にカットがあると不自然さが極まりないんですよね(シャツを脱ぐときにかつらがズレているからだと思われます)。そもそも10分間っていうのを証明しなきゃならないわけで、カットが入ったらいくらでも抜き放題になっちゃいますし。

根尾あかりの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX

そして根尾あかりさんは、相変わらず監督さんとキャッキャしていてムードもへったくれもありません。そしてどこかで見たことがある男性だと思ってたら、過去作に日焼けした姿で登場していて今回は色白での出演です。

その時は饒舌な感じだったくせに今回はわざとらしいくらい喋らず…なかなかこざかしい。ここで根尾あかりさんは服も脱いでくれませんし、特に見所もないまま最後は手コキで発射となります。記録は8分24秒。

シリーズ70作目の「里美ゆりあの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX!」に出演している5人目の男性と同一人物と思われます。

3人目:自分をつねって耐える必死なおじさま

根尾あかりの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX

シリーズのファンなら忘れることができない男性の登場です。というかこの男性にこそヅラを被せた方がいいのでは…。有名な男優さんで、本シリーズでは50作目の波多野結衣さんの回に出演しています。

今回は下着姿でシックスナインの体勢になったり、そこからの手コキやフェラチオがありますが、やはり手ぬるいという感は拭い切れません。可愛いという意味では否定はしませんが、凄テクっぽい感じは一切ないと思いました。そして台本通り、ナマ中出しSEXへ。

根尾あかりさんのおっぱいを揉みながら「やっぱり若い子は違いますね」と言った男性。これは波多野結衣さんやAIKAさんに対する当てつけではないでしょうか(笑)。そしてこんな男性におまんこをじっくり観察されている様子がめちゃくちゃエロいです。

男性におねだりをされてパイズリも披露。ローションを使ったら滑って全然挟めてませんでしたが、おっぱいを押し付けられているだけで気持ち良さそうでした。

挿入は正常位からで、途中にはベロチューしながらのだいしゅきホールドも見られます。バックからおっぱいを揉まれつつ、激しく突かれているシーンも見応えばっちりで、年齢差も考慮するとめちゃくちゃ興奮できるでしょう。最後は騎乗位から中出し。

シリーズ50作目の「波多野結衣の凄テクを我慢できれば生★中出しSEX!(WANZ-764)」に出演している3人目の男性と同一人物と思われます。

4人目:猫コスで即勃起するおっぱい好き男子

根尾あかりの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX

今回は猫耳を付けたコスチュームが新鮮で〇。相変わらずのまったりスタートですが、途中でパイズリが出たりすることもあって、今までの展開に比べると若干過激になっているかなぁという感じ。少しだけ乳首を露出する程度でお尻にもほとんどフォーカスされず、かなり勿体ないです。

結果的にナマ中出しSEXになりますが、最近流行りの「10分はクリアするんだけど、ナマ中出しSEXできずにフェラチオで暴発してしまう」という茶番です。このコスチュームでのエッチこそ見たかったのに、このシナリオは本当に勿体なかった!この紐パンをほどく瞬間を楽しみにしていたんですけどね。

ちなみにこの悪しき風習は、シリーズ59作目の「有坂深雪の凄テクを我慢できれば生★中出しSEX!」からスタートしています。当時はめちゃくちゃ新鮮だったのに、あまりにも繰り返しすぎて今やこの有様なのが残念です。

5人目:リアクションも素朴な素人童貞くん

序盤はもうキスばっかりしています。キスだけでイッてしまうんじゃないかっていう勢いです。

せっかくなんだからおっぱいとかお尻とか好きなだけ触らせてもらえば良かったのに、ほぼローション手コキでイカされてしまうっていうね。最後までイケるかと思ったんですが、残念ながら最後の最後に発射。記録は9分49秒。

6人目:クセが強すぎる言葉責め希望のM男

根尾あかりの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX

完全に仕込みを疑わずにはいられない、クセが強すぎる男性が登場しました。

言葉責めっていうほどの言葉責めではなく雑談?会話しながらの手コキなんですが、完全に根尾あかりさんの玩具にされている男性がちょっと面白いです。おっぱいを見せておいて「ガン見じゃん、変態かよ」には笑いました。

素人男性とは思えない巨チンっぽかったですし、完全に仕込みという時点で「どうせSEXまでいくんだろうなぁ」って思ってたら手コキで発射。しかも「汚ぁ~い」と言われ、自分の精子を舐めさせられる始末。記録は7分49秒。

7人目:情けない声で悶絶するイケメンさん

根尾あかりの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX

乳首責めをしながらの手コキ&フェラチオなんですが、相変わらず脱いでくれないなぁ。責めにもバリエーションがないので、ぶっちゃけファンでもなければ飛ばしてOKです。まだまともな本番が1回で尺が足りてないので、どうせナマ中出しSEXです。

予想通りSEXになりますが、ドレスを脱いだときのパンツがマジでエロいので「なぜこれを10分チャレンジ中に見せなかった!」と激しく怒りを覚えました。そしておっぱい丸出し状態で足コキという…これぞ凄テクじゃないですか。

挿入は正常位から。バックで激しく突かれているときは良かったですが、相変わらずウフフ&キャッキャしているので可愛さはあっても、エロさはあんまりなかったかもしれません。最後は正常位から中出し。

「根尾あかりの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX」のトータル評価

しゃべり口調がハーフタレントのローラさんっぽくて、とにかく笑顔が素敵という印象を受けました。ただ、これを可愛いと捉えるか色気がないって捉えるかは人によると思います。エロイズム的には嫌いじゃありませんが、アハハと笑う根尾あかりさんを見てエッチな気持ちにはならなかったですね。

そして他のシリーズ作品と比べて、極端に下半身の露出が少ないです。凄テクシリーズとは言っても7人の男性を相手にするわけですから、そりゃ口や顎が疲れてきて手コキに偏るってのは理解できるんですけど、お尻を触らせたりおまんこを見せつけたりっていう展開があってもいいじゃないですか?そういうのが一切なかったのが残念でした。

とにかく笑顔が見られる&楽しそうにエッチをしている様子が見られるという意味では、非常におすすめです。ただし根尾あかりさんのファンの方限定でおすすめ。ファン以外の方がエロ目的で見るという場合はおすすめしませんし、あくまでバラエティAVとしてどうぞ。

  • URLをコピーしました!
目次