「まともなのは僕ひとり!?朝、目を覚ますと、性の価値観がぶっ飛んだ世界だった件。」の感想・レビュー

まともなのは僕ひとり!?朝、目を覚ますと、性の価値観がぶっ飛んだ世界だった件。

「まともなのは僕ひとり!?朝、目を覚ますと、性の価値観がぶっ飛んだ世界だった件。」はセクシー女優:加藤ももかさん、加藤あやのさん、AIKAさんが性の価値観が歪んだ世界で家族を演じる設定のAV作品です。本作品は以下のような人におすすめします。

  • セクシー女優:加藤ももか、加藤あやの、AIKAが好き
  • 複数の女優さんの全裸が楽しみたい
  • ちょっとアホっぽい設定のドラマが好き

食事をする際には生産者の方に感謝をするように躾けられている厳格な家庭において、なぜか急に「全裸生活&近親相姦OK」のぶっ飛んだ世界観に陥るというドラマAVです。

3人の女優さんの裸が見放題という贅沢さがある一方で、突っ込み所が満載のアホっぽさも兼ね備えています。全裸系のAVが好きな人には刺さると思いますし、ちょっとアホっぽい設定が好きな人にもおすすめです。

以下では本作品の感想・レビューをエロイズム的な観点から紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

目次

「まともなのは僕ひとり!?朝、目を覚ますと、性の価値観がぶっ飛んだ世界だった件。」の概要

まともなのは僕ひとり!?朝、目を覚ますと、性の価値観がぶっ飛んだ世界だった件。
配信サイトFANZA
配信日2020/09/20
収録時間116分
メーカーダスッ!
レーベルダスッ!
監督三島六三郎
シリーズ
ジャンルハイビジョン、独占配信、ドラマ、近親相姦、美少女、姉・妹、お母さん
女優加藤ももか(佐藤ののか)、加藤あやの、AIKA

5人家族で暮らすボクはどこにでもいる普通の家族で、むしろ他の家よりもお堅い。ところが朝、目をさますと家族全員が裸で僕の目の前でセックスをはじめだした。狼狽えることしか出来ない僕を横目に母、姉、妹は父と性行為をし続けた。

まともなのは僕ひとり!?朝、目を覚ますと、性の価値観がぶっ飛んだ世界だった件。

「まともなのは僕ひとり!?朝、目を覚ますと、性の価値観がぶっ飛んだ世界だった件。」のシーン別の感想・レビュー

Scene1:プロローグ

まともなのは僕ひとり!?朝、目を覚ますと、性の価値観がぶっ飛んだ世界だった件。

厳格な父親を持つ5人家族の食事シーンから展開されるんですが、とりあえず言っておきたいのは「難しいことは考えずに楽しむのが〇」ってことです。

エロイズム的にはこういう厳格な家庭があまり好きじゃないのでアレなんですが、これが一夜明けるととんでもない世界に変わることとなります。

Scene2:主人公以外が全裸で家族揃っての朝食

まともなのは僕ひとり!?朝、目を覚ますと、性の価値観がぶっ飛んだ世界だった件。

朝起きたら全員が全裸で生活しているのが普通というテイになっていて、近親相姦上等っていうね。とりあえず主人公以外が全員裸っていうことで、3人の女優さんが全裸っていうシチュエーションはめちゃくちゃ良き

3人ともタイプの違う女優さんなので、見る人によって好みが分かれるんじゃないかとは思うんですが、エロイズム的には「全員違って全員良い」という感じでした。てか、加藤あやのさんが母親ってやばくない?

ちなみに家族全員で朝食を摂っているシーンでは加藤あやのさんのM字開脚からおまんこくぱぁが楽しめます。あとは3人のおっぱいが眺め放題です。椅子に座っているのでお尻は楽しめませんが、全裸で食卓にいるっていう異様なシチュエーションが〇。

Scene3:朝食後に父親と娘2人がSEX

まともなのは僕ひとり!?朝、目を覚ますと、性の価値観がぶっ飛んだ世界だった件。

朝食が終わるとおもむろに父親と娘2人がSEXを始めるシーンへ。加藤ももかさんとAIKAさんが1本のおちんちんを取り合う中、主人公は全裸の加藤あやのさんと食器洗いっていうね。

とりあえずテーブルの上で股を開いてる加藤ももかさんがエロすぎて、ここだけでもめちゃくちゃ楽しめました(この後の顔面騎乗からの腰振りも超おすすめ)。

まともなのは僕ひとり!?朝、目を覚ますと、性の価値観がぶっ飛んだ世界だった件。

「食器洗いにどんだけ時間かかってんの!?」っていう突っ込み所はあれど、父親は娘2人を相手に両手で手マンをしたり、顔面騎乗とクンニを楽しんだり…。

そしてAIKAさんの騎乗位から挿入がスタートするんですが、冷静な主人公が止めに入ったら一気に状況はカオスに。

まともなのは僕ひとり!?朝、目を覚ますと、性の価値観がぶっ飛んだ世界だった件。

とりあえずこの時点で主人公が冷静っていうのは物語としては真っ当なんですが、エロとしては邪魔な要素でしかないです。

父親に挿入されていない方、加藤ももかさんかAIKAさんのどちらかが主人公に迫っていくのに、ずっと冷静なまま拒否り続けるっていうのは、ドラマのストーリー的に仕方ないとは言ってもしらけますね。

まともなのは僕ひとり!?朝、目を覚ますと、性の価値観がぶっ飛んだ世界だった件。

とりあえず父親の1発目はテーブル屈曲立位から加藤ももかさんに中出し、2発目はAIKAさんに片足上げ立ちバックから中出しでフィニッシュ。

主人公は目の前でずっと加藤ももかさんから裸を見せられていて、加藤あやのさんはひたすら全裸で掃除です。

Scene4:配達業者さんと母親のSEX

まともなのは僕ひとり!?朝、目を覚ますと、性の価値観がぶっ飛んだ世界だった件。

時間は経過して、主人公が3人からSEXを迫られるという展開です。正確に言うと「姉と妹にSEXを迫られ、頑なに拒否してると母親が名乗りを挙げる」って流れなんですが、いずれにしても主人公はまだ冷静という感じ。そこに配達業者さんが登場し、加藤あやのさんとSEXをするという流れになっています。

まず前のシーンで父親は全裸にネクタイだけで出勤したのに対し、この配達業者さんは裸で荷物を受け取りに来た加藤あやのさんに対しては特にリアクションしたりしなかったものの、しっかり服を着て仕事をしているという…こういうアホな世界観は嫌いじゃないんですが、それでも野暮なことを言わずにはいられないほど世界観は破綻していると言っていいでしょう。

とりあえず配達業者さんは加藤あやのさんと立ちバックでハメ始めるも、そのSEXシーンにフォーカスするっていう感じじゃなくて「家族が裸のまま日常生活をしている中、その傍らで業者さんとSEXをしている母親」って感じのシーンが続きます。なので結合部がアップになるようなこともほとんどなく、ぶっちゃけ加藤あやのさんを無駄遣いしているという感じ。

とりあえず片足上げ対面立位のシーンでは加藤あやのさんのお尻と結合部がばっちり堪能できるのでおすすめ。体位は立ちバック→片足上げ対面立位→騎乗位→正常位という流れで推移し、最後は正常から中出しでフィニッシュ。

Scene5:母親+姉妹が同時オナニー

まともなのは僕ひとり!?朝、目を覚ますと、性の価値観がぶっ飛んだ世界だった件。

加藤ももかさん、加藤あやのさん、AIKAさんが全裸状態で3人並び、開脚しておまんこを見せつけてくれる展開です。この3人が並んでオナニーしている様子を主観アングルから楽しめるので、かなり贅沢なシーンと言ってもいいのではないでしょうか。

特に加藤あやのさんと加藤ももかさんの前のシーツ部分にはシミもできていて、光景的にかなりエロいです。正面側とお尻側からオナニーを披露してくれるので、おっぱいと同時に楽しみたい人もお尻と同時に楽しみたい人も満足できるでしょう。

最後は3人から身体を求められた主人公が逃げ出して次のシーンへ。

Scene6:家族5人で大乱交

まともなのは僕ひとり!?朝、目を覚ますと、性の価値観がぶっ飛んだ世界だった件。

ずっと冷静な主人公を心配した家族が主人公を拘束状態にし、無理やり家族の乱交に巻き込むというシーンです。序盤はただ拘束されている中で父親と女性3人の逆4Pっていう感じなんですが、少しずつ手を出されていく展開へと進んでいきます。

3人が同時に父親のおちんちんに群がっている様子も見応えばっちり!そして相変わらず加藤ももかさんの顔面騎乗位&腰振りがめちゃくちゃエロくて、ここはおまんこ自体はまったく見えていないのに超興奮させられましたね。

加藤ももかさんが父親と騎乗位でハメ始めた頃、奥でも主人公と加藤あやのさんが騎乗位でハメているんですが、カメラは父親のSEXシーンをフォーカスし続けているのに、奥でも息子による本番が行われてるっていうのはAVとして贅沢の極みと言っていいでしょう。父親の1発目は座り側位のような体位から加藤あやのさんに中出し、2発目は立ちバックからAIKAさんに中出し、3発目は正常位から加藤ももかさんに中出しでフィニッシュ。

父親が3人に一通り中出しした後は、3人が主人公を囲んで一気に責め立てる展開へとシフトします。しかし主人公が発射するということはなく、余韻を残すような感じで次のシーンへとフェードアウト。そしてドラマとしてのエンディングへ。

「まともなのは僕ひとり!?朝、目を覚ますと、性の価値観がぶっ飛んだ世界だった件。」のトータル評価

トリプルキャストによる近親相姦設定のAVなんですが、3人の女優さんのタイプが違いすぎるせいか家族っぽさが薄く、あんまり近親相姦っぽさは感じませんでした。3人の女優さんの裸がたっぷり見られるっていう意味では超豪華だったと思います。世界観が破綻しているのも非常に面白く、あえて突っ込み所を残すことでアホっぽい雰囲気を演出しているようです。

エロイズム的には3人とも好きな女優さんなんですが、ちょっと気になったのはAIKAさんが想像を遥かに超えるくらい消極的だったことですかね。逆に加藤ももかさんがかなり積極的になっていて、加藤あやのさんは割と良いポジションを貰っていたのかなぁという印象。というわけでAIKAさんにしか興味がないっていう場合はちょっと物足りないかもしれません。

アホくさいドラマAVが嫌いじゃなければ結構楽しめるでしょうし、エロイズム的には「加藤ももかさんの顔面騎乗位」がかなり刺さったので、それに興味があるって人にはおすすめ。あと全裸生活系のAVが好きだって人にもおすすめです。

  • URLをコピーしました!
目次